日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
新型GT-R現る! :: 2007/10/31(Wed)

ついにでました,日産GT-R.これほど環境だなんだと叫ばれる時代に,これほどのスポーツカーが生まれるのはちょっと不思議な気がしますが,自動車市場がグローバル化されているという面を考えると特段おかしなことではないのでしょう.つまり,これくらいの大きさとパワー,トラクションを誇る車が世界で言うところのスポーツカーだということです.それから別の理由として,スポーツカーはある意味自動車技術の粋を集めて作られる至高の機械であるということ.それだけに,ここの技術が高まれば,それはすなわち一般車にもフィードバックされて,結果的に自動車の発展につながるとも言えるわけです.

さて,用あって街中の日産ギャラリーの前を通りがかったところ,なんと人だかりが!!これはもしやと思い近づいてみると...

GTR-3


おお! グラマラスなお尻!やっぱりGT-Rです.もう展示してたのかとちょっとびっくりです.そして後ろはもう一台.なんとボンネットが開けられているではありませんか!

GTR-2


よく見るとエンジンカバーがかかっていません.今時の日本車には珍しい...フロントミッドシップに配置されたV型6気筒エンジン.なかなかセクシーなエンジンルームですね.この写真からは全くうかがい知ることはできませんが,日産自動車のアナウンスによると,実はクラッチとミッションはリアに独立に配置されているとのこと.その他に類を見ないレイアウトにより,前後荷重と4本のタイヤに伝わるパワー配分はさらに理想化され,それによって安定性を増した走りは,同時に快適で安心な乗り心地を保障するといいます.まさに,日本が世界に誇れる究極の「機械」が今目の前にあるのだと言っても過言ではないでしょう.

とまあ,舞い上がるのはこの辺までにして,ちょっと冷静に感想を.まず思ったのは,なんか新車なのに汗臭い.笑 これは今までと同じで,洒落っ気なしということですね.あくまで車好きの男の車といった雰囲気.今回から世界戦略車という位置づけのようですが,デザインにうるさい欧州の方たちの目にどう映るのか(もっと言うなら,ゴーンさんはぶっちゃけどう思っているのか)知りたいところです.このような企業の持てる技術を結集して生み出された車なんだから,車・モータースポーツに興味のない人,ファッションやデザインにうるさい女性陣にも「へえ,GT-Rってすごいんだね.面白いねぇ」と思わせるだけの付加価値が欲しかったところです.そういう意味じゃ,性能は満開で革新的ですが,存在自体は極めて保守的なのかもしれません.うーん.日産はやはり基本は保守派なのか...しかし思うのですが,このデザインはよく見るとガンダムですね.今や日本のアニメーションは世界で確固たる地位を築いていますが,まあ日本のロボットものを考えればいちおう納得していただけるんでしょうかね.

スポンサーサイト

テーマ:ニッサン・日産 - ジャンル:車・バイク

  1. | trackback:0
  2. | comment:0
ふくろだたきの構図(2) 亀田親子の場合 :: 2007/10/30(Tue)

日本人はたいてい本質を見失います.そして,話題の論点をうまいことすりかえて,相手が劣勢になることようにしむけて集中砲火を浴びせ撃退します.これが社会学的にどのような意味を持つのかは研究者に任せるとして,とにかくそんな場面に出くわすたびに,情けなくなってしまいます.

最近,芸能ニュースを賑わせている亀田問題.この問題はなぜこんなに大きく膨れ上がってしまったんでしょうか?亀田親子の度を越えた挑発のせい?あってはならない反則をしたから?すぐに謝罪をせずに雲隠れしたから?はたまた切腹しなかったから?まあ,どれもはずれてはいないのでしょう.しかし注目しなくてはいけないのは,このような彼らにとってマイナスとなるポイントを連鎖させて,ふくろだたきを誘導するようにタイトルを付けられた記事が多数書かれたこと,そしてそれを求める日本人が多勢いたことです.

亀田の言動は度をすぎていたでしょうが,あれはパフォーマンスだとすればまあ派手なパフォーマンスで済むことです.現に試合前のインタビューで切腹発言が出ても,大騒ぎする人はいませんでした.「いつもの派手なパフォーマンス」だとみんな思ったからですよね.もしそうでなかったら大変ですよ.亀田が負けたら死ぬと言ってるぞ!ってことになっちゃいます.笑 だから敗戦後に「本当に切腹するんですか?」とか切腹コールをした観客は私から言わせれば,亀田よりはるかに下です.情けない.まあしかし,もはや布石は置かれていたとも言えます.派手なパフォーマンスを逆手にとって,負けて愕然とする亀田に罵声を浴びせようと準備していた人たちがいただろう,ということですね.ああ,情けない.

今回の問題は,ボクシングであってはならない反則を指示した親父の言動と,実際の反則,ここだけです.この反則問題はもちろんシリアスな問題で,コミッションは直ちに重い処分を下したわけで,それで終わりでいいんじゃないでしょうか.本人の謝罪も本人たちが望むなら,でよかったと思いますよ.それくらい自立したひとりひとりの人間としてあってほしいのです.

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

  1. ニュース
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ふくろだたきの構図(1) 赤福問題 :: 2007/10/29(Mon)

私の一連の赤福問題の感想です.「まじで?今まで何度も赤福食べたけど気づかなかったなぁ...きっと冷凍してもそんなに味は落ちないのかもね.今後,「この商品は冷凍後解凍してます」って明示されていたとしても,味が変わってないならまた買おうかな.だって,好きだし.」

赤福餅は,お土産で何度となく食べています.本当に美味しいんですよ.だから当分食べられないと思うと残念です.で,思うんですけど,赤福のやったことは法律に抵触してますし,消費者を欺いたという点でとうてい許されません.しかし,マスコミの記事の書き方を見ていると,完全に客観性の欠けた集団いじめになっている気がします.しかしこの構図は日本ではよく見かけます,いわゆる「ふくろだたき」ってやつ. 思うのですが,大事なのはどうしてこういうことが起こったのか,そして再発防止策であって,赤福をいじめることではないのでは?本質はそこだと思うのです.しかし残念ながらそのような部分を論じている記事にはほとんどお目にかかれません.

この手の話になるとよく耳にするのがマスメディアの責任論です.確かに誇大妄想に書き立てるのはマスコミかもしれません.でもそれで雑誌が売れたりするんだから,結局,国民が欲しがっている話なんですよね.マスコミのせいばかりにしてはいけないと思います.日本人全体がもっと成熟して,話の本質はどこなのか,各々考えられるようにならなくては.

ということで,冒頭の自分の感想になるわけです.「自分の舌は美味しいと感じた.それは自分の意思でそう感じたこと.変えられない.だからまた買いたい.たとえ冷凍でもね,食中毒とかじゃないんだし.偽装はよくないけど,営業停止になってるし,ダメージはあるでしょう.もうこれ以上「赤福ありえなーい」とかことさら言うことではないよ.」って感じです.

最後に.もし赤福を食べて,これ本当に生なの?冷凍とかしてるんじゃないの?って疑っていた人だけは赤福をとことんいじめる権利があるでしょうね...笑

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

  1. ニュース
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。