日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
いよいよ第45回衆院選 :: 2009/08/29(Sat)

民主党が日本を変えてくれると思ってはいけません.変えるのは私たち,国民です.それが民主主義です.

明日,いよいよ衆議院議員総選挙です.過去53年間(11カ月の例外を除いて)ずっと政権交代のない一党支配の国だった日本において,ようやく政権交代が起こる可能性が高まっているようです.本当なんだろうか,と,数値やメディアをあまり鵜呑みにしない自分はいまだに信じられないのですが,いずれにせよ明日の夜には情勢が判明してくることでしょう.

これだけ長いこと一党支配が続いた国で,いよいよ多くの国民が違う政党を選ぶらしいというのですから,それなりの理由を国民はもっているのかと思ったら,そうでもなさそうです.「流れ」が民主党に行っているだけ,ただ今回その「流れ」がいつもより大きい,それだけではないだろうか,と感じる瞬間があります.

「一度くらいは民主党にやらせてみてもいい」
「結局何も変わらないと思うけど,今回は民主党に政権をとってもらいたい」
「民主党がいいというわけじゃないけど,自民党はもう信頼できない」

このように,根拠がなかったり,いい加減だったり,無責任だったりする意見が多すぎると感じます.

民主党が政策の骨格に据えていることは,「官僚主導のコントロールを解く」ということだと私は理解しています.民主党のマニフェストを見てもらえば分かりますが,具体的なひとつひとつの政策の多くはここに帰着します.しかし考えてもみてください.この官僚主導のコントロールのおかげで,文句を言いながらも,実質的には何も考えなくてよかったはずです.お膳立てをしてくれて,ただ従うだけでいいのなら,こんな簡単なことはありません.いろんな無駄や不公平が生まれたのも事実ですが,難しいことを考えたくない人にとっては,その恩恵に授かっていた可能性は充分にあります.

民主党が政権をとり,マニフェストに沿って現実に国家予算を組みなおし,霞ヶ関主導を断ち切り,地方分権を推進するならば,その時は政治はようやく一部の人たちのものではなく,私たち「民」のものに近づくでしょう.つまり,形式的ではない,本当の「民主主義」に近づくと思います.しかし,そのために多くの市民は,考え,意見を持ち,積極的に政治の一部に参加しなくてはならなくなります.私たち日本人は,自分の意見を他人に押し付けたり,人の話が聞けないくせに,他者批判が好きな国民ですが,それでは何一つ決めることができないわけです.コミュニケーション能力も市民レベルで問われることになっていきます.

私は,民主党が掲げる理念をちゃんと理解して,それに賛同し投票する人は少ないと感じます.むしろ,そういう意味では,民主党政権を危惧する自民党支持派の人たちの意見の方が的を得ているのかもしれません.「民主党が政権をとったら日本は混乱する」という意見に裏はないと思います.何もかもお上にまかせっきりの体質,何かの模倣をするだけの気質では,新しいものは生まれません.だから,民主党になっても何も変わらないかもしれないし,むしろ一括統制がとれなくなれば混乱も起こるでしょう.

しかしそれでも私は,従来どおりの中央集権的な政治形態のままでいいとは到底思えないのです.多様化した価値観は大きなストレスを生み続けると思いますし,多くの情報が溢れる現代においては,目に見えない形でこっそり政治を行うことはさらに難しくなっていくでしょう.今回は,外国メディアも日本の選挙には注目しています.ようやく日本でも,民主主義国家らしく政権交代が起こるかもしれない,と期待しています.私たちひとりひとりが意見を持ち,それらが集積した自立した国家へと日本が成長し,諸外国と対等な対話ができるようになるためには,この政権交代は必要なことだろうと私は捉えています.

ところで,このまま民主党政権が誕生し,公約どおり官僚主導の政治枠組みの解体が進んだとしましょう.にも関わらず,日本は何も変化せず,むしろ社会が混乱をきたしたとしたら,それは誰の責任でしょう.民主党は駄目だった,と言う人がいそうですが,そんなことはありません.民主党が著しく国民を裏切るような言動や事実が浮上したのなら話は別ですが,そうでないなら「民主党のせい」ではなく「私たち市民のせい」だということをあらかじめ言っておきたい.民主党のマニフェストの中で,印象深い一行を紹介します.

「(国民の)生活の安定が希望を生み、(国民の)意欲的になった心が、この国全体を押し上げていきます。」

ちょっと抽象的ですが,まさにこれです.民主党がこの国を救うのでは決してないのです.こんな当たり前のことも,この国では「そうなの?」と疑う人がいそうで不安です.民主党の政策で経済がぱあぁっと活気付くわけはないし,老後まで安心安全な暮らしがすぐさま約束されるわけではないのですよ.民主党は,政治の構造を変えることで無駄と不公平感を是正し,人々の間に生まれ増大してしまった不信感や不安感を信頼感や安心感のようなプラスの気持ちに変換するための努力をしてくれるだけです.そうすることで,私たち自身が意欲的になり,それが国を動かす原動力を生むということです.この「意欲的になる」部分こそ,私が思うところの「考えたり意見を持つこと」に対応すると感じます.私は素晴らしいと感じます.

関連記事:政治は私たち自身のこと

ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

  1. 社会
  2. | trackback:1
  3. | comment:2
大胆な色彩で溶け込む :: 2009/08/23(Sun)

昆虫には擬態という戦略があって,近くの風景に自分の姿を似せて,敵から逃れます.例えば,枯葉そっくりの姿をしたキリギリスの仲間は,枯葉の上にいても見つけられないほど枯葉そっくり.

さて,トンボという肉食の昆虫は,飛翔能力も高いことから,どちらかというとあまり擬態という戦略は似つかわしくないようにも思います.しかし,イトトンボのような小さな小さなトンボとなると,やはり擬態戦略は存在すると感じます.実際,私は草に止まっているイトトンボを見つけられなくて,飛んではじめて,そこにいたのかと気付くことも多いです.





こちらは,アオイトトンボ.しかし,擬態のはずなのに,一度見つけてしまうと,ずいぶんと目立つ,美しい色,大胆な色彩だと感じます.他者に気付かれにくい範囲で,風景に溶け込む範囲で,最大限におしゃれを楽しんでいる,そんな感じでしょうか...(楽しんでいるわけはないでしょけど...笑)





アオイトトンボは,飛ぶ宝石,などと言う人もいるくらいです.しかし本当にぱっと見は溶け込んでいて,目立たない宝石です.

****

Webに写真を公開してみました.まだ,このブログで掲載したわずかの写真しかアップロードしていませんが,もっと大きなサイズで見ることができると思います.
http://picasaweb.google.com/erisabeth555


関連記事;空気を身にまとう
      :霧と神仙沼

ブログランキング・にほんブログ村へ  

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 昆虫たち
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
静かな選挙活動を実現してほしい :: 2009/08/22(Sat)

静かな選挙活動は果たして不可能なのだろうか.街中や選挙カーで大声を張り上げる広報活動は実際に役に立っているのか疑問です.


http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20090821-567-OYT1T00940.html

札幌南署は21日,札幌市中央区南9西7、会社員を公職選挙法違反(選挙の自由妨害)の疑いで現行犯逮捕した.

(中略)

発表では21日午後0時55分頃、自宅近くで街頭演説中だった候補者の男性運動員(66)からマイクをつかみ取り、拡声機を通じて「うるさいんだ」と大声でどなって演説を妨害した疑い.

-------------

この男性,やりすぎだと思いますが,その気持ちは痛いほど分かります...

私も,選挙カーの拡声器からガンガンと響いてくる候補者や支援者の声や,駅前や街中や時には住宅街での演説は,騒音以外の何者でもないと感じます.もちろん,候補者の選挙活動の自由は保障されてしかるべきですが,節度がないんじゃないだろうか.自分たちのやりたいこと,やり方,当然そうなっていると思っているものを,押し付けているように思うわけで,普通に日々の生活を送っている人々への配慮がありません.

だいたい,あれらの演説や選挙カーを使った広報で有権者サイドに何か得るものがあるのか疑問です.誰に投票しようか真剣に考えている人なら,あんなスピーカーの割れたような声の演説を聴くよりも,ウェブサイトや新聞や,そのほかいろいろな媒体を読みながら情報収集するほうがずっと冷静に考えられますし,そうするだろうと思います.一方,選挙に興味などない人にとっては,いくら大声で演説したって,そういう声は届かないでしょう.むしろ,私なんかよりももっとイライラするんじゃないだろうか..だから,選挙カーで大声張り上げることが何かの役立っているとは思えないのです.それとも,他に何か私の思いもしない意味があるんだろうか...

そろそろ静かな選挙活動はできないものでしょうか.私は諸外国の選挙の実情は詳細には知りませんが,しかしこんなに日常的にうるさい選挙活動をしているのは日本くらいのものじゃないだろうか.

捕まった男性は実名で報道されています.私は,マイクを奪って捕まった男性,逮捕した警察官,報道したメディアのうち,捕まった男性の行動だけに唯一人間味を感じます.想像するに「ばっきゃろー!うるせぇんだよ,このやろー!」ってな感じでしょう.選挙騒音でイライラしている人はたくさんいると思いますので,そういう人々の代表として突っ走ってしまったようなものです.そして捕まってしまった.

実際現場がどう混乱したのか分かりませんし,さすがにやりすぎであることは確かなのですが...やはり私はこの男性に同情してしまいます.

ブログランキング・にほんブログ村へ  

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

  1. ニュース
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
空気を身にまとう :: 2009/08/21(Fri)

私たちは常に重力に縛られ,地面にくくりつけられて暮らしていますが,オオルリボシヤンマを見ていると,本当に重力なんてあるんだろうか,と錯覚してしまいそう.空気を自分の体の一部にまとっているかのように見えるのです.





霧が晴れ,森の中からいつの間にか姿を現すオオルリボシ.急旋回,急停止,急加速,急降下,急上昇.その動きは俊敏かつ大胆で,爽快である.これは,私にはプロバスケットボール選手の動きのように見えたりもする.緩急の差,そしてここぞという爆発感,そしてしなやかな躍動.そんな雰囲気を写真に写せる日は来るのでしょうか...





昆虫写真というのは,その姿を克明にだけ記録するのでは私的にはあまり面白くありません.その生きて動いているリアルな姿を,環境とともに写したいのです.この写真も完全にぶれてなくてもっと大きく鮮明に写ったなら,人によっては気持ち悪いと感じる写真になるでしょう.それは私の望むものではない気がします.飛んでいるトンボなら,少しぶれて動きがあるほうが生き生きと感じるし,気持ち悪さも減る気がします.私が撮りたい写真はそういう感じです.

オオルリボシヤンマは北方系のトンボですが,南は九州まで生息しています.ただ,南に行くほどに希少種になり,九州では山地の限られた場所でしか遭遇しません.しかしこれが北海道だと,街中の公園の池にも飛んでいたりします.だから,わざわざ神仙沼まで行く必要はないのですが,しかしここ神仙沼は生息数がやはり多いし,また写真も撮るにはいい環境です.もちろんオオルリボシヤンマに会うためだけに来たわけでもないですが.

上の二枚の写真は雄(オス・male)です.雌(メス・female)は,全く違う色をしていて,赤茶色に黄色の斑紋,わずかに青みが差します.





これは産卵のために最適な場所を探している様子.足をたたまずに飛んでいます.空気抵抗が大きそう.またすぐに止まるので面倒くさいのでしょうか...





オオルリボシヤンマのmaleはよく産卵中のfemaleのすぐ上でホバリング飛翔をします.これはカエルなどが産卵中のトンボを食べようと狙っているので,その危険からfemaleの身を守るための行動だと言われます.カエルは動くものに反応してしまいます.だから,すぐ上でホバリングしていると動くものの方が目に入って,気が散って,そしてカエルは目の前の獲物のことをすっかり見失ってしまい狩に失敗するという算段のようです.

****

私は日本語の「雄(オス)」と「雌(メス)」という言葉が好きではありません.ですが,虫が好きな人が虫を発見するとすぐに,「あれはオスだ,あっちはメスだ」と得意げに言うんです.別にだから何?っていつも心の中で思います.私も虫好きなので,もちろん違いは分かりますし,色彩や生活感が違うのでその差に注意は行くのですが,でも口に出してオスだメスだと何のために言うのか分からないです.また,オスとメスは日本語では記号の♂と♀にもなっていて,そしてこれは人間以外専用の単語です.一方,英語ではmale, femaleという単語があり,これは人間にも昆虫にも分け隔てなく使います.私は日本の図鑑で,オオルリボシヤンマ(♂)と書いてあるのはあまり好きではありません.私が持っているトンボの専門書(英語)には,Male Aeshna nigroflavaと書かれてあって,このほうがなんとなく優しい気持ちになれます.(Aeshna nigroflavaはオオルリボシヤンマの学名です.)

関連記事:霧と神仙沼

ブログランキング・にほんブログ村へ  

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 昆虫たち
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
MOTOR CONTROL SYSTEM FAILURE :: 2009/08/20(Thu)

アルファ147の「MOTOR CONTROL SYSTEM FAILURE」に関するメモ.

我が家のアルファ147が,システムエラーを出しています.MOTOR CONTROL SYSTEM FAILURE.
取り扱い説明書によると,「燃料噴射やイグニッションシステムに異常が起きたことを示す」と書かれてあります.この1ヶ月の間に2回,いずれも3日間くらい警告が点灯し,その後は警告は消えます.エンジンは問題なく作動しており,音やパワー感,水温,排気ガスの匂いなど,いずれも通常どおりなので,おそらく問題ないだろうと思うのですが,念のためディーラーへ.

エラーに関してはコンピュータがログを書き出しているので,簡単に診断してもらえます.結果,予想どおり重篤な問題などではなく,キャタライザー(触媒システム)にあるO2センサーの不良でした.おそらく接触不良か何かで,値をモニターできなくなり,制御システムがエラーを出したと思われます.センサーは保障内で無償交換となるようです.

147これまでの不具合(2008年10月~2009年8月):

・ENGINE OIL PRESSURE LOW
このエラーはこれまで一度だけ.様子を見ています.おそらく正常作動の範囲内での出来事と思われます.

・ワイパーのフロントガラスへの接触不良.これは,手でしっかり押し付けたら以後解消.笑

・クラッチジャダー(発進時のジャダー).やさしいクラッチミートを心がける.エンジンマウント位置の調整でかなり軽減.ひょっとしたらジャダーは当然発生するものであり,あまり問題としては捉えていない?

・ガソリン残量警告が時々早すぎる.これは,傾斜地に駐車するとなるようです.しばらくすると消えます.問題なし.

こんな具合で,今のところ147に重篤な問題はありませんが,ただ日本車なら経験しないような小さな意外な出来事はこのように出てきます.しかしどうでしょう.これらをもって「イタ車はトラブルが多い」というならちょっと言いすぎかと思います.まあ,一昔前とは違って壊れにくくなってきているのでしょうか...想像していたよりもずっと安定感のある,頼もしい車で,開発者の方々の心意気を感じる気がします.

ブログランキング・にほんブログ村へ  

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

  1. アルファロメオ147
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
霧と神仙沼 :: 2009/08/18(Tue)




私にとってニセコ神仙沼は貴重なトンボフィールドです.と言っても,観光客も多いし,とりわけ珍しい種に出会えるというわけでもないんですが,なんかこう,他の場所よりもトンボたちが生き生きとしているように感じる場所です.景色がとても美しいせいでしょうか.


濃霧にかすむ沼.
霧が退いて,一気にその姿を現す沼.





思い思いに過ごすミツガシワたち.
花の時期はもう過ぎ,正直な話,もはや間もなくやってくる冬を予感します.




この日の札幌は晴天だったのですが,神仙沼は天気が不安定で,ときよりガスがかかり,一気に視界が失われます.そうかと思うと,一瞬のうちに霧が流れ去り,太陽の光が,さっきの霧はあなたの幻覚ですよ,と言わんばかりに照り付けてきます.こんなに変化の早い神仙沼も初めてです.



(D-ライティング使用.比較したところ,ストロボよりも雰囲気がある.これは状況によっては使えそうです.)



神仙沼周辺は霧が合います.たぶん,この風景は霧が育てた風景なのでしょう.この日の神仙沼は,何度も通う私の感想では,ベストコンディションだと思いました.観光客の方々も感動されていた方,多いように思いました.

さて,肝心のトンボ撮影には不向きな天候でしたが,ここのトンボたちは濃霧・気温15度くらいでも活発に行動していただけるので,あとはこっちの根気次第!?

つづき:空気を身にまとう

ブログランキング・にほんブログ村へ  

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. | trackback:0
  2. | comment:4
Nikon D40,想像以上の楽しさ :: 2009/08/17(Mon)

我が家にやってきたデジタル一眼レフカメラ,D40.こんなに楽しいのか,一眼レフって,と,銀塩時代を思い出しつつ,本当にそんなに楽しかったっけ...ともう一度問い直す.笑





やはり「デジタル」だからかな.そう,デジタルって,この場合いいことだ.ぶっちゃけて言いますが,お金を気にしなくていい.フィルム代を,です.笑 何枚撮っても,その場で確認できる,駄目駄目ならあとで削除すればいいし,別に削除しなくてもたいした容量じゃないし...しょっぱい話で申し訳ないのですが,本当に,フィルムの残り枚数やお金のことを全く考えなくていいというのが,これほどストレスフリーだったとは!

まあしかし,それならコンパクトデジカメでも同じなんですが,そういう意味で一眼レフの凄みは,シャッターをためらいなく押させてしまうことだろうか...とにかくカメラの応答が速い.そしてこちらの撮影したいという姿勢に対してとても優しい.ニコンデジタル一眼レフの最低価格機種でこれなんだから恐れ入りました.たぶん電源ONからファインダーをのぞいてシャッターを切るまで,確実に数秒で行ける.そのまま,ファインダーをのぞき,いろんな風景を次々に切り取っていける.それも右手人差し指にわずかな指示を送るだけで!時には指が考えて勝手にシャッターを切るような感覚.私の腕程度ではこの応答速度で充分すぎるほどストレスフリーです.これが,フィルムだと・・・そうもいかなかったわけです.笑




見上げれば空にたくさんのアカトンボ.なぜかみんな同じ方角を向いています.この写真はコンパクトデジカメでは無理.画面の液晶でたぶん確認できない.しかし一眼レフなら可能でした.空を見上げて,あっと思ったらすぐカメラを構える.今回AFが迷ったのでレンズ脇のスイッチをMFに切り替え,ピントを無限遠からほんのわずかに手前に適当にフォーカス.これ3秒くらいでやれます.そしてたくさんトンボが画面に入ったらシャッターを何枚か切る.ぶっちゃけ上の写真,トンボにフォーカス合ってないのですが...笑




札幌では珍しい,大きめの積雲がたくさん出た日でした.雲の白と暗い雲の底部と,青空のコントラストが美しい.適当に撮ってみたのですが,やはりダイナミックレンジが大きいのか,コンパクトと比べて,明度・彩度ともに表現力が格段に違うと感じます.故に,このような写真の場合,立体感が損なわれません.撮り比べにP4も持って行けばよかった...




薄暗い森の中.高感度テストも良好.ISO800でも残念な思いはしません.細かく見るとノイズが載るけど,まあ私的にはさほど問題なし.シャッタースピードが速ければなおさら問題ないという気もします.




そして,見上げると木々の間に青空が...露出補正は多少指の動きに慣れが必要で,今は練習中です.まだ自在に動きません.他の機能にしても,まだどのボタンをどうすればいいのか一瞬分からなくなります.最短の方法が分からなくて別のことをやってしまったり...

D40で写真を撮ってまだ1週間半くらいですが,感触を総括すると,文句なしに素晴らしいの一言.性能がどうとかそういうことよりも,とにかく道具として自分がやりたいことをほぼ全てを受け入れてくれる感じです.そこにもちろん性能も含まれますが...こんなにデジタル一眼レフって素晴らしいのなら,もっと早く買えばよかった,と正直思っています.

たぶん問題はかさばるので手軽に持ち歩けないことですが,まあ本当にそれくらいでしょうか...

ブログランキング・にほんブログ村へ  

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 何かの紹介等
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。