日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
コペンハーゲン :: 2012/09/29(Sat)

先月、仕事でコペンハーゲンに行ってきた。1週間滞在したのだが、前半はもろもろの(国内の)仕事のストレスで、ホテルでパソコンにかじりつく毎日。全く記憶がない。涙

後半少し余裕ができてからは、街を見て回ることもできた。





デンマークならではの食べ物も食べた。薫製のニシンの焼き物はとても美味しかった。しかもそれに生卵の黄身をつけて食べるのだけど、びっくりするほどに合う!ただ、コペンハーゲン料理は全般的に少し味は濃いめだった。自分の味覚のせいもあるかもしれないけど、やはり料理は6月のトリノのほうが上だったかな。イタリア強し。





世界3大がっかりスポットなどと揶揄されているらしい、コペンハーゲンの人魚の像。ぜんぜんがっかりしなかった。いやむしろ感動した、と言っても誇張ではない。いつ行っても多くの観光客でにぎわっているらしいのだけど、私が行った時もそうだった。こんな小さな像がこんなに人を集め続けている。がっかりスポットと言われてもなお人を呼び寄せている、っていうその理由が分かった気がした。像は確かに小さいけど、とても美しく、そしてどこか悲しげで、心に訴えかけてくる何かを持っていると感じた。そして自分のような日本人にとって、人魚って存在は知識としてはあるけど、現実感はないわけで、、そういう意味で像ではあれど、現実にそこに人魚がいる異空間、なわけだ。




吹きさらしの螺旋階段で有名な救世主教会からの眺め。塔のてっぺん付近まで行けます。高所恐怖症の人はまず間違いなく行くことができません。それくらい怖いですが、眺めは圧巻です。最後はすれ違えなくなるくらい狭くなるため、塔の少し手前で待機して、ひとりずつてっぺんに行きます。転落したら死にますので気をつけてください。コペンハーゲン滞在の際は是非!

http://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g189541-d246393-r119104107-Church_of_Our_Saviour-Copenhagen_Zealand.html





ベラセンターに併設されているホテルに滞在したのだが、この写真はホテルのフロント付近。壁に植物が植えられている。本物の植物。日本もこれくらいやってほしいなぁ。その手前の椅子も素敵で、座り心地も素晴らしかった。ここで朝食をとることもできます。北欧はデザインの国だ。




ホテル付近の地下鉄駅。このふたつ先の駅から地下に入る。コペンハーゲンの中心まで10分以内の場所なのだが、こんなに広大!


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. | trackback:1
  2. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。