日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
4年目・Pirelli WINTER ICECONTROL :: 2012/12/23(Sun)

アルファ147に履かせた冬タイヤ、Pirelli WINTER ICECONTROL(WIC)が4年目突入。

今年の札幌は雪が多い。12月はまだ根雪にならない年もあるというのに、すでに悪路(でこぼこの通称そろばん道路)、凍結路、圧雪路、シャーベット、片栗粉道路、なんでもありの状態。そんな中でも4年目WICはやはり輝いている。乗り心地のよさはやはり特筆すべきこのタイヤの美点。もちろん、コントロール性能も、制動性能も、多少の劣化を感じなくもないが、まだ常識の範囲内だろう。

今日は郊外に出てみた。恒例の中山峠越え。





峠の気温はマイナス14度くらい。下はマイナス5度くらい。峠の路面は札幌側はとことどころアスファルトが見えている箇所があるものの、基本は圧雪アイスバーン。ステアリングの応答を通して、低ミューの箇所があることを車が教えてくれる。喜茂別側はふりしきる雪のせいでほとんど新雪パウダー路面。乾いた低温の雪でよくグリップし、全く何もなし。ロードノイズが遮断され、ツインスパークのサウンドが心地いい。

郊外においてタイヤの劣化は全く感じない。拍子抜けするほどに特に何も感想が出てこない。安心感のあるタイヤだ。

タイヤが高性能だから安心しているのではない。安全に運転するために、よく見て、しっかり予測して、車の挙動をよく感じて、そうやって能動的にドライブしていれば、このタイヤがどんどん好きになっていってしまう。
スポンサーサイト

テーマ:イタリア車 - ジャンル:車・バイク

  1. | trackback:0
  2. | comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。