日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
リフォーム途中経過・オーディオセッティング :: 2013/04/29(Mon)

引っ越しも完了し、段ボールもかなり片付いて、ひとまず「住まい」らしくなってきた。しかしまだ届いていないものや完成していないところも。




写真右奥の木の扉は、手前は押し入れで、奥は書庫になる予定だが、まだ書棚が届いておらず、片付けきれていない段ボールが隠してある。

手前のダイニングテーブルは、妻と二人で倉庫まで行って木材を選んで、職人さんに作っていただいた。無垢のニレ材。木は生きている。届いてからまだ日が浅いのに、環境が急に変わったからか、もうひび割れがあちこちできてきた。もちろん事前に教えてもらっていたことなので想定内。数年たって落ち着いた頃に、一度補修していただけるらしい。こういう時間スパンが素敵。

ダイニングチェアが二脚、それとリビングチェアがまだ届いていない。これらはリッツウェル。値段は高かったが、とても気に入ったし、一生ものだと思って。

http://www.ritzwell.com/concept/index.html

ソファの張地を暗めのものに変更予定とのこと。あと、お揃いでスツールもやってくる(らしい)。

左のコーナーに背の高い植物を置く予定。何を置こうか決められない。

リビングのカーテンはひだ無しで、左右スライドするようなものになる予定。こちらもまだ届いていない。

こんな具合で、まだにぎやかになります。



学生時代にバイトして買ったオーディオもインテリアとして活用。SANSUIのAU-α607MRはまだまだ現役。最近、CDプレイヤーが壊れてしまったので、今回の引っ越しに合わせて、ONKYOのCR-555を購入した。ふたつのアンプを、Luxman AS-5IIIに接続し、ひとつのスピーカにつないでいる。ボタンひとつで瞬時にONKYOとSANSUIが入れ替わるので聴き比べるのが楽しい。現代のJPOPやROCKはONKYOがバランスがいいけど、ジャズやクラシックはやはりスケール感でSANSUIの勝ちだ。また、ライブDVDのような音源もSANSUIがいい。古くなってもいいアンプだ。まあ、価格帯が違うけど。

スピーカーは、これまた長い付き合いのパイオニアのS-UK3。20年の時を経て、本当にまろやかにいい音を出している。変わったスピーカーで、2wayなのだが、クロスオーバーの周波数が高く、1wayのような鳴り方をする。イギリスのスピーカーだけあって、うちにあるCDの中ならベタだけど、古い音源、ビートルズとか、すこぶる雰囲気がいい。ナットキングコール、スタンドバイミーのサントラもこのスピーカーに合っている。

全く合わないのは、、、東京事変とか。涙

スポンサーサイト

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

  1. 社会
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。