日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
女「車のエンジンがかからないの…」の創作 :: 2015/06/28(Sun)

かなり前に書いた以下のエントリーだが、今になっても時々コメントが来る。

http://erisabeth.blog123.fc2.com/blog-entry-480.html

以下はオリジナルの会話のサンプル。



女『車のエンジンがかからないの…』
男『あらら?バッテリーかな?ライトは点く?』
女『昨日まではちゃんと動いてたのに。なんでいきなり動かなくなっちゃうんだろう。』
男『トラブルって怖いよね。で、バッテリーかどうか知りたいんだけどライトは点く?』
女『今日は○○まで行かなきゃならないから車使えないと困るのに』
男『それは困ったね。どう?ライトは点く?』
女『前に乗ってた車はこんな事無かったのに。こんなのに買い替えなきゃよかった。』
男『…ライトは点く?点かない?』
女『○時に約束だからまだ時間あるけどこのままじゃ困る。』
男『そうだね。で、ライトはどうかな?点くかな?』
女『え?ごめんよく聞こえなかった』
男『あ、えーと、、ライトは点くかな?』
女『何で?』
男『あ、えーと、エンジン掛からないんだよね?バッテリーがあがってるかも知れないから』
女『何の?』
男『え?』
女『ん?』
男『車のバッテリーがあがってるかどうか知りたいから、ライト点けてみてくれないかな?』
女『別にいいけど。でもバッテリーあがってたらライト点かないよね?』
男『いや、だから。それを知りたいからライト点けてみて欲しいんだけど。』
女『もしかしてちょっと怒ってる?』
男『いや別に怒ってはないけど?』
女『怒ってるじゃん。何で怒ってるの?』
男『だから怒ってないです』
女『何か悪いこと言いました?言ってくれれば謝りますけど?』
男『大丈夫だから。怒ってないから。大丈夫、大丈夫だから』
女『何が大丈夫なの?』
男『バッテリーの話だったよね?』
女『車でしょ?』
男『ああそう車の話だった』





ネット上では多くの人が女に嫌悪感を覚えているようなんだけど、僕は全く逆で男に問題ありとしか思えない。女は用があるのに急にエンジンがかからなくなった車を前に、軽くパニックになっているか、もしくは計算高く男に送って行かせようと思っているのか、そんなところだろう。それに比べて、原因がバッテリーかどうかを6回も問い続けている男の方が気持ち悪い。しかも、「トラブルって怖いよね」「それは困ったね」とか口だけで、本当にそう思って言っているようにも思えない。

後半は、男がいらいらしていることに気づいた女性が攻勢をしかける。男性はたじたじで、本当は怒っていたんだろうけど、怒ってないとか繕ってしまって、さらに泥沼に落ちて行く。

女も女でどうしようもないけど、男のあまりの融通のきかなさとコミュニケーションの稚拙さのほうがどうしても目立ってしまって、僕は女より男の方におおいに違和感を覚えるのだ。

しかも、バッテリーかどうか分かったところで、どうにもならんだろうとも思うし。だって、用事にはきっと間に合わないでしょ?

しかし世の中、おそらくネット上の男どもだと思うが、女って困った生き物だというような感想で溢れている。もっと、「男ってこんなに酷くないぞ。誰だこれ作ったの?」って怒るやつがいてもいいと思うに、見つからない。僕は、この会話ではそれくらい男がダメダメに描かれていると思うのだけどね。気づかないんだろうか。

そこで、この会話の男のパートを入れ替えて、もっとこう、女と対等にやり合えるしっかりした男、をテーマに独自創作してみたんだけど、いかがだろうか。。。笑うところあり、で見ていただけるとありがたいですね。以下に4つほど。女性の方はどの男性がタイプでしょうか。。。一番誠実そうなのは?


ストレートな男編:
女『車のエンジンがかからないの…』
男『まじ?バッテリーかな?ライトは点く?』
女『昨日まではちゃんと動いてたのに。なんでいきなり動かなくなっちゃうんだろう。』
男『おい!俺の話を無視するな。バッテリーかどうか知りたいから、ライトを点けてみてくれって言ってんだよ』
女『今日は○○まで行かなきゃならないから車使えないと困るのに』
男『だから車を直さないと困るんだろ?聞こえてんの?』
女『前に乗ってた車はこんな事無かったのに。こんなのに買い替えなきゃよかった。』
男『ほらみろ。だから俺はやめろって言ったんだ。日本車が一番なんだから』
女『○時に約束だからまだ時間あるけどこのままじゃ困る。』
男『タクシーで行け』
女『え?ごめんよく聞こえなかった』
男『だから、俺は忙しいんだから、送って行けない。タクシーで行け。で、今日の夜に車見てやるよ。』

欧米の男性タイプ編:
女『車のエンジンがかからないの…』
男『なんだって!?それは困ったね。バッテリーかな?ライトは点く?』
女『昨日まではちゃんと動いてたのに。なんでいきなり動かなくなっちゃうんだろう。』
男『落ち着いて。君は何も悪くないよ』
女『今日は○○まで行かなきゃならないから車使えないと困るのに』
男『ああ、そう言ってたね。どうしよう。バスや電車じゃ無理な場所だからね。本当に困った』
女『前に乗ってた車はこんな事無かったのに。こんなのに買い替えなきゃよかった。』
男『まったくだ。今度一緒にディーラーに文句を言いに行こう』
女『○時に約束だからまだ時間あるけどこのままじゃ困る』
男『予約は明日に変更できないの?』
女『え?ごめんよく聞こえなかった』
男『あー、、うんよし。分かった。僕が送って行ってあげるよ。今から行くから待ってて。』
女『何で?』
男『君を愛してるからさ』

ぶっ飛び編:
女『車のエンジンがかからないの…』
男『それは困ったね。バッテリーかな?ライトは点く?』
女『昨日まではちゃんと動いてたのに。なんでいきなり動かなくなっちゃうんだろう。』
男『それは昨日車を止めてから今までの間に何か原因となる事が起きたからだな』
女『今日は○○まで行かなきゃならないから車使えないと困るのに』
男『ヒッチハイクで行くってのはどう?』
女『前に乗ってた車はこんな事無かったのに。こんなのに買い替えなきゃよかった。』
男『しょうがない。安かったんだから』
女『○時に約束だからまだ時間あるけどこのままじゃ困る。』
男『そのとおりだね。このままじゃ困るね。何か行動を起こさなきゃいけないよ』
女『え?ごめんよく聞こえなかった』
男『ヒッチハイクで行くのはどう?』
女『何で?』
男『何でって言われても。僕ならそうするかなあ、と思って』

イライラ限界編:
女『車のエンジンがかからないの…』
男『あらら?バッテリーかな?ライトは点く?』
女『昨日まではちゃんと動いてたのに。なんでいきなり動かなくなっちゃうんだろう。』
男『まてよ。現代の車でバッテリー突然死は無いか。。。まだ新車同然だしね。』
女『今日は○○まで行かなきゃならないから車使えないと困るのに』
男『まさか、Dレンジに入ったままってことはない?』
女『前に乗ってた車はこんな事無かったのに。こんなのに買い替えなきゃよかった。』
男『ないか。。。じゃあ、キーをひねって、キュキュキュって音は出る?』
女『○時に約束だからまだ時間あるけどこのままじゃ困る。』
男『おい!俺の言うこと聞けよ。』
女『え?ごめんよく聞こえなかった』
男『はあ。。お前と話してると疲れるわ』
女『何で?』
男『お前が話聞いてくれないから』
女『何の?』
男『俺の話をだよ』
女『ん?』
男『車のバッテリーがあがってるかどうか知りたいから、ライト点けてみてくれないかな?』
女『別にいいけど。でもバッテリーあがってたらライト点かないよね?』
男『まだ分かんないだろ』
女『もしかしてちょっと怒ってる?』
男『怒ってるよ』


スポンサーサイト

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. ジェンダー
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。