日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
元祖長浜屋 :: 2008/05/07(Wed)

博多に帰省すると,必ず行かねばならない場所があります.それは「元祖長浜屋」.長く食べていないと禁断症状が...(^_^;)

博多ラーメンと一般に呼ばれる中に,特に「長浜ラーメン」と言われるラーメンがあります.福岡の長浜地区は,博多湾岸の海沿いの地域であり,この地区の漁師や魚市場で働く人たちが食べたラーメンのことです.労働の合間に素早く,しかもたくさん食べることが前提のラーメンであったため,麺を細くすることで茹で時間を短くし,また麺のおかわりという替え玉文化が生まれたと言われています.

元祖長浜屋は一般的なラーメン屋とはかなり違っていて,かなりユニークな店です.ということで,元祖長浜屋に行くとどんな体験が待っているか,ちょっと紹介します!




元祖長浜屋入り口


基本編:
・まず,店の前で食券を買います.メニューは基本的に「ラーメン」だけです.他には替玉,替肉などがあります.おかわりを前提とするなら,先に買っておきます.現在,ラーメンは400円!
・店のドアを開けて入店します.すると間髪いれず「いっぱーい(一杯)」と店員の声が響きます.メニューがラーメンのみなので,入店と共に自動的にオーダーされるのです.こちらは一言も発さずともOK.
・席を見つけて着席し,テーブルに置かれているセルフサービスのやかんのお茶を注いでいると,「はい,どうぞ」と早くもラーメンが運ばれてきます.入店からここまでの所要時間は約1分半です.ここで食券を渡します.
・テーブル上には,ゴマ,紅しょうが,胡椒が置かれており,自由に入れることができますが,ここは細麺が急速に伸びていくので,何も入れずにまず食べるのがいいかと.
・一通り麺のコシを楽しんだら,ゴマ・胡椒・紅しょうがを好みで入れます.また,スープの味が薄いと感じたときは(想像以上に薄味であっさりしています),テーブル上に置かれてある「タレ」を入れます.少し入れるだけで,味が濃くなり引き締まります.
・量はさほど多くないので,10分くらいで食べ終わります.よって,店での平均滞在時間はたった10分強です.




これが元祖長浜屋の「ラーメン」.


応用編:
元祖長浜屋では,麺の固さと油の量を自分の好みに調節することができます.麺の固さは,「なま」「かた」「ふつう」「やわ」の基本4段階で,普通の固さが希望なら何も言わなくてOKです.「なま」は数十秒の茹で時間,ほとんど生麺です.笑 次に油の量ですが,こちらは「べた」「ふつう」「なし」で表現され,ふつうを希望ならやはりあえて「ふつう」と言う必要なし.実際注文する時は,「油・麺の固さ」の順で組み合わせて,「べたかた」「なしやわ」のように注文します.さて,問題はその注文のタイミングです.入店と同時に「いっぱーい」と自動オーダーされてしまいますが,それよりも先に「べたかた」と声を発して注文するのがベストです.ちなみに,これら元祖長浜屋用語を知らずに入店し,「麺は固めでお願いします」などと言っても,排他的な空気はないので全く問題はありません.(わざわざ言わないと思いますが...笑) ただ,これらの用語を知っているとオーダーが極めてスムーズに流れます.

元祖長浜屋の特徴は,店の規模に対して店員が多いことです.しかしこれは,このスピードでラーメンを繰り出すために必須の体勢でしょう.たいてい6人くらいの店員がいて,麺を湯に投入する人,スープを注ぐ人,ネギ,肉を添える人,皿を洗う人,ラーメンを運ぶ人,のように完全分業されています.この体勢でもって,どんなに店が混雑していようと入店からわずか1分程度でラーメンが運ばれてくるというシステムは決して破綻しません.そして,24時間営業・年中無休,いつもそれなりに人がいます.これはどういうことかというと,日時を気にせず,食べたいときに店に行けば,すぐに食べられる,ということであり,これが元祖長浜屋のコンセプトなんだと思います.




時間によらずいつも混み合う店内.



食べに来る人は,実に様々です.華やかな姿の女性グループから,作業服姿の人,サラリーマン,やくざ系の人,ガイドブックを持った旅行客,高校生,大学生,老夫婦,若いカップル....誰でも訪れます.そして約10分強の滞在をし,ラーメンを食べて帰って行きます...この店の中は,ある種の平和感に満ちています.ここを訪れる人の多くがここのラーメンが大好きで,店の中にいる間,心底ラーメンを食べることを楽しんでいるようです.そういう類の平和を,元祖長浜屋の中にいると私は感じます.

 

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 食/ワイン
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
<<北海道の春 | top | 鍋島青磁>>


comment

はじめまして。おいしそうですねー。
関東にはあまり替え玉がないので替え玉!!って言いたいです(笑)
  1. 2008/05/08(Thu) 00:30:42 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

おいしそうですね、
こっちで麺といえば、中華系かベトナム系ですね。
意外とベトナム系は食べやすくて重宝しています。
でもこれを見ると久しぶりにラーメン食べたくなってきた。
カップラーメンでも買ってみるか。
  1. 2008/05/08(Thu) 12:42:14 |
  2. URL |
  3. soma3 #-
  4. [ 編集 ]

名無しさま.
はじめまして.
こちらは札幌なのですが,替え玉という文化はやはりないです.泣 博多ラーメンは量がやや少ないので,必然的にたくさん食べたい人は替え玉ということになりますが,単純な「おかわり」ではなく,「替え玉」という言葉がまたなんとなく楽しい感じですよね.

soma3さん.
お久しぶりです.
ベトナム系といえばフォーでしょうか.それはいいですね.最近我が家の食卓ではアジアブームが燃え盛っており,輸入食材店でライスヌードルを買いだめしてあります.ヌクマムとナンプラーが両方取り揃えられていたりします.笑
  1. 2008/05/08(Thu) 22:41:17 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

また拝見させていただきました。
応援ポチッ!
  1. 2008/05/09(Fri) 18:25:44 |
  2. URL |
  3. サトシ #-
  4. [ 編集 ]

サトシさん.ご訪問 & 応援,ありがとうございます!
  1. 2008/05/09(Fri) 19:20:53 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erisabeth.blog123.fc2.com/tb.php/105-d5f4e8f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。