日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
バスの中での出来事 :: 2008/07/06(Sun)

私は職場までバスで通っているのですが,ちょっと今日はひどいと思うことがありました.(少なくとも,私にとっては...)

帰りのバスに乗ると,高校生がちょうど部活帰りの時間で,込み合っていました.疲れてる生徒は寝ていたり,友達どおしで話している生徒もいるのですが,残りの生徒は,特に女子生徒はだいたい何をしているかというと「携帯でメール」です.まあ,こんなの今や当たりまえで,携帯電話はもう日本人にとっては不可欠なコミュニケーションツールなわけです.

バスの中では,一応「乗車中は電源をお切りください」ということになっていています.(札幌のこのバス会社は,マナーモードじゃなく,電源を切るように放送しています.)だからこれは違反ということになります.しかしですね.バスに乗って携帯電話の電源を切る作業をしている人を私は見たことありません.正直,私も切っていません.マナーモードにならしている人はもちろんいると思います.いきなり携帯が鳴って慌ててマナーモードにする人もいます.でも正直な話し,小声で話し始めたり,何悪びれず大声で応答するおじさんやおばさん,私は何度も見たことあります.むしろ高校生たちは,常に静かにメールしかやっていません.

今日の運転手は高校生に対してとにかく威圧的でした.信号待ちでバスを止めると,マイクを使って「今,携帯電話を使っている人はすぐに電源を切ってください.バスの中で携帯電話は禁止です.お客様の迷惑になるので止めて下さい.」と言うんです.そして生徒がバスを降りる時も,説教をするんです.「携帯電話の電源はちゃんと切ってください.守れないんですか?」みたいなことを言うわけです.しかもマイクを通しているのでお客さんはみんな気づきます.生徒たちはなんとなく,むかついた感じの表情ですが,でも一応小声で「すみません...」と言って降りていきます.そりゃあ見ず知らずのおじさんに,沢山の人が乗っているバスで怒られたら,むかつくか,ショックを受けるんじゃないかと感じます.「なぜわたしが?」と思うでしょう.あれは一種の見せしめです.

私としては,彼女らは人前であのように注意されなければいけないほど悪いことをしているとは全く思えません.もう,運転手に何か言ってやろうかと本気で思いましたが,まあ,今日は...機会を逸しました.汗

私は携帯でメール打っても「人の迷惑」になんかほとんどなっていないと思います.大声で騒いでいるわけでも,電話しているわけでもない.文庫本を読んでいるのとどこが違うかと言えば,たいして違いません.だから,携帯メールをしている高校生を見て,迷惑だと思っている乗客はそんなにいないはずです.なぜ高校生を責める必要があるでしょう.もしこの件に問題を感じるなら,高校生を責めるのではなく,携帯をこれだけ普及させ,携帯に依存してしまうような日本人の気質であって,それはもっと広い視野で日本というものを考えなければいけないことです.

それでも「車内では電源を切る」と決まっているわけだから,それを違反した場合怒られてもいいんじゃないか,という意見もあるかもしれません.確かにそうです.でも,そういう意味では私はそもそも「車内では電源を切る」という「規則」の存在の意味が分かりません.切っている人なんてほとんどいないはずです.高校生じゃなくてもメール打っている人は大勢います.つまり形式化されただけの規則で,大切な中身が伴っていません.テレビニュースでは,そういう決まりを無視して,美味しい汁を吸っている大人たちの醜態が日々流れているんです.決まりはあっても無いようなもの,というのは珍しくありませんし,「形式」と「実際」の大きな違いがこの日本に存在することくらい,高校生はもうよく理解しているはずです.総合判断で,バスの中でも携帯でメールくらいいいだろう,と思っているはずです.

それから,この件でもうひとつ考えなければいけないのは,高校生への愛です.これがバスの運転手からかけらも感じられない.もし愛があって注意するなら,それは本当にいい(正しい)と思います.しかしそれなら,例えばマイクを通さず,生徒が降りるときに「携帯は車内では禁止だから電源切ってちょうだいね.」とでもさりげなく生徒に言うべきでしょう.それなら,「運転手の真剣な気持ち」が生徒に伝わるかもしれません.

私には,今日の出来事は,年配者が行う未成年者への「陰湿ないじめ」にしか思えません.すごく気分が悪いです.こうやって若者は歪みを作られていくんだなぁ,と感じます.非常に悲しいです.

 

スポンサーサイト
  1. 教育
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
<<パスタの魔力 | top | 私たちに自由意志はあるのか>>


comment

えりざべすさん

こんにちは!

そうですね。間違いを正すのか糺すのか
難しいときがありますよね。。。

ぼくは今、こまかい自分に悩んでます。(笑)
ある方のブログに英語の間違いが結構あって、
それを正していいのか、そのまま日本のオトナ対応で放っておけばいいのか、、、
知識の豊富な人だし誇りも高そうな方なので、
糺している、と思われたら嫌だな、って。
いちばん良いのは、その方が自分で間違いに気づいて正す、ということですが。
「運転手の真剣な気持ち」
これが鍵ですねー。
ぼくにはたぶんそれがないから悩んでるのです。
  1. 2008/07/06(Sun) 12:06:09 |
  2. URL |
  3. Ty #FhIcGhHA
  4. [ 編集 ]

えりざべすsan こんにちは。
この記事ですが・・・少し前までは、私も同じような考えでしたが、ある事で
今は少し変わってきています。
あることとは・・・
社に勤めていた女性が、体調を崩し、検査に検査を重ねた結果、電磁波過敏症を言う診断を受けました。
ようは、周囲の電子機器の発する電磁波(電波)に体が反応し、諸症状を誘発するらしいのです。
周りから見ても大変辛そうで、本人は周囲から理解がされないことがもっと辛いと言っておりました。
その女性が最も過敏に反応したのが、携帯telだったのです。
本人も自らが所有し、また周囲に氾濫する携帯telが主要因のひとつであることに気づくまでには時間を要したようです。
最初は冗談かと思いましたが、隠しもって接近してもすぐ解り、しまいには、電話会社(docomoとかauとか)まで当ててしまう精度の高さに正直びっくりしました。
そんな彼女は、今、街中を離れ山間部へ住まいを移し、在宅勤務にて少しずつ体調を改善しつつあります。

ちょっと脱線しつつあるので、本題についても見解は、ちょっと纏めてから、次コメントにて。



  1. 2008/07/06(Sun) 18:39:26 |
  2. URL |
  3. JIJI #Fe5eWWgA
  4. [ 編集 ]

Tyさん!

「正す」と「糺す」.勉強になります.私のこの記事に登場する運転手の話も,この言葉の違いと深く関連していると思いました.運転手は生徒を糾(糺)弾してるんですね.非難のような意味を私がこの件で感じたのは,まさに「糺」.

ところで,英語の間違いの件ですが,日本語にはこのような場面で,「糺」ではなく「正」を表現するのは至難の業ですね.しかもTyさんは「真剣な気持ち」がないとおっしゃられていますが,それならなおさらかもしれません...

私個人としては,その人も大人として自己責任でブログを運営されているのなら,特に何も言わないかなぁ,という気がします.しかしその人が地位のある立派の人なら,正当な論理によって逆に糾されてもいいかという気もしますね.笑 いやあ,指摘してくれてありがとう,と言うくらい度量の大きな人であることを期待してしまいます,が,それによって,関係がこじれたりするのは,嫌なものです.日本ではこのリスクは大きいですね.涙


JIJIさん!

電磁波過敏症ですか...それは電磁波だらけの現代では非常にお辛いですね.携帯電話の電磁波と言えば心臓ペースメーカーの問題もありますし.携帯電話はときに凶器となることは認識しなければいけないでしょう.人が密集する場所ではどこであっても気をつけなければいけないですね.どうも申し訳ありません.

ところでJIJIさんのコメントで思ったのですが,私がこの記事で言いたかったことは,その電磁波過敏症の方の「周囲から理解がされないことがもっと辛い」という部分のほうにより深く関わると感じました.「相手の気持ちを考えましょう」みたいなことをたくさん聞かされる国なのに,実際にこれほど重大な問題に直面している方の痛みを理解せず,無神経なことを言う人がいるんじゃないかと推測します.そういう気質は行政の対応にも現れます.電磁波過敏症は,正式には病気と認められていないと思いますから,多分保険がきかなかったりするはずです.シックハウス症候群の患者さんも同じ境遇でしょう.これは非常に辛いアレルギー性の疾患で,化学合成された有機ケミカルを大量に使うこの現代社会では,生きることさえままならないと感じるほど過敏な方もいます.でも,周囲の理解はやはり乏しく「ちょっとおおげさだ」とさえ言う人がいます.そして,シックハウス症候群も日本では病気として認められていませんから,医療保険が適用されません.たぶんこれらの病気が本当にマジョリティになってきたら,周囲の人間も行政も重い腰が上がるんだと思いますが,それまでは駄目でしょう.自己中心的なのか...少なくとも患者の痛みが分からない(分かろうと努力しない)からだと思います.

この運転手も,高校生の気持ちなどおそらく考えていないと感じました.むしろつるし上げる感じでなんです.私は携帯を使うことの是非より,このような運転手の態度のほうが,種々の問題のより根幹に位置しているように感じます.時に問題の解決に大切なのは善悪の明確な区別よりも理解しあえる関係だと思うんです.なので,今回はちょっと極端な内容を書いてしまいました...ーー;
  1. 2008/07/07(Mon) 04:06:31 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

えりざべすsan おはようございます。
脱線をご指摘いただき恐縮です。
私のコメントはちょっと携帯telに対する
潜在的な不快の念が、突出しすぎましたね。
適切に理解する、伝える、ということは大変難しいですね。

この運転手さんも、先の記事にあった
公園の管理人も同じ類というこことですね。

えりざべすsanのレスコメントの後半を読んでいたら、尾崎豊の”卒業”の1フレーズが思い出されました。
知らぬ間に、自分も抑圧的で愛のない大人になりつつあるのかと自戒の念を持ちました。

  1. 2008/07/07(Mon) 09:59:30 |
  2. URL |
  3. JIJI #Fe5eWWgA
  4. [ 編集 ]

JIJIさん.

いえいえ,恐縮なんて,とんでもないです.脱線私もいつもしています.(^^;) 要は,脱線し続けて,そもそもの話しがうやむやになるような状況は避けなきゃいけない,というところだと思います.でも逆に,そこのところを押さえておけば,あとは多少脱線しても,言いたいことを言い合えることのほうが大切ですよね.実際,携帯電話の電源について,JIJIさんのご指摘で,今一度考え直す機会を得ました.そうやって,互いに高めあっていける関係というのがいいと感じます.うん,何かを否定しあうのではなく,高めあうというのがいいですね.

尾崎豊さん.彼の歌にはすごく共感できる部分あります.日本の序列社会の中では,やはり大人たちが支配者であり,支配者の考えを受け入れず真剣に対抗すると,すごく苦しむことになるんだろうと思います.これは「人権問題」ですよね.
  1. 2008/07/07(Mon) 23:25:41 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erisabeth.blog123.fc2.com/tb.php/128-3c1d89a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。