日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
自分の世界から出ようとしない :: 2008/09/19(Fri)

日本人は自分の考えを構築してしまうと,そこから外に出ない人が多いなぁ,と思います.特に男性から感じます.時々,ころころ考えを変える人もいますが,それは影響を受け易いから変化しているだけであって,基本的にその時その時は,ひとつの立場だけという気がします.つまり,ある時に限定すると,バリエーションが少なく,考え方に幅を持てない.複数の選択肢を容認しない,理解していない,という感じ.

いい例かどうか分からないのですが,些細な日常の中でなら,コーヒーを飲むときにブラックで飲むか,それとも砂糖やクリームも入れるか.私は,日本人はどちらかに決めてしまっている傾向を感じるのです.「コーヒーはブラックが好きなんだよ.甘いのは苦手だな.」とか「私は砂糖がないとコーヒー駄目な人なの.」とか,こういう感じ.

本当に,甘いコーヒーが駄目なのか.本当に甘くないとコーヒーは飲めないのか.そこは,本当のところ分からないのですが,日本人はどちらかに決まっている(決めている)場合がとても多いと感じます.

日本に長く住む知り合いの外国人は,このように言います.「日本の店で出されるコーヒーはほとんどブラックだから,砂糖やクリームを入れるかどうかはその時の気分で決められるのがいいね.」と.つまり,どちらかに決めているわけではないのです.

私は,どちらかというとブラック派です.しかし,正直な見解は,「美味しいコーヒーは,砂糖を入れても入れなくても美味しい.まずいコーヒーは,砂糖を入れたらもっとまずくなる.」というもの.だから,どちらかというとブラック派になっています.笑 これはあくまで私の感覚で,人それぞれだと思いますが.私は美味しいコーヒーに出会ったら,最初ブラックでも途中から砂糖やミルクを入れたい衝動に駆られます.そうすると,いろんな風味のコーヒーを楽しめるからです.

コーヒーの飲み方なんて,どうでもいいことですが,仮に,両者が議論したらどうなるでしょう.つまり「A:いつもブラック派」と「B:いつも甘くする派」の人間が,例えば「どちらの飲み方が,よりコーヒーらしいのか」という話題で,互いに話しをするんです.A:「コーヒーの醍醐味は苦味だから,甘さはそれの邪魔をするんじゃない?だからブラックがいいんだよ.」B:「いや,そうじゃなくて,ただ苦いだけよりも,甘さが加わることで苦味が引き立つんだよ.私はそう感じるのよ.」と,こんな具合で,ずっと互いに平行線.何もまとまらずに終わってしまいそうじゃないですか.日本人の場合.

なぜ有意義な話し合いにならないのか.ひとつめの理由は,Aは甘いコーヒーの美味しさを知らないし,Bはブラックのコーヒーの美味しさを知らないから.まあしかし,これは仕方ないとします.しかし大きな問題はふたつ目の理由.Aは甘いコーヒーの美味しさを知ろうとしないし,Bはブラックのコーヒーの美味しさを知ろうとしない,ということです.つまり,自分が好きな世界に住んでいて,外には出ないんですよ.

有意義な話し合いになるための一番の方法は,話している途中で,互いが美味しいと思っているコーヒーを作り,それを交換し,飲む.そして相手がその美味しさの説明をする.その時,自分の好みのことは忘れて,相手の説明に耳を傾け,その説明どおりの感覚が今口に含んでいるコーヒーの味や香りから感じるかどうかを模索する.そうすると,「あれ,甘いコーヒーも美味しいものだねぇ.」とか「うーん,ブラックというのもありなのかも.」と思える可能性がようやく生まれます.

社会において重要なことを話し合うときも,たいていこんな感じだと感じます.国会中継や,メディアの政治討論.まずもって,口を開いている人間がしゃべっている内容の要旨は,「自己主張している」か「他人の意見を否定している」かのどちらかです.だいたいそのどちらかに分類できます.「ブラックのコーヒーは美味しい」「甘いコーヒーはコーヒーじゃない」と言っているだけなのです.相互理解への努力の現場を見ることなどまず皆無です.これでどうして話し合いになるというのでしょう.

自己主張は大切なことだと思いますが,相手を否定することは全く重要ではありません.否定は,誰かの主張や意図によって生まれるものではなく,全体の合意もしくは決議によって,自動的に生まれればいいのです.それよりも大切なことは,相手の考えの理解です.理解は同意することではありません.理解したうえで,自分の主張と照らし合わせ,新たな考えを構築していくといいのです.そうすれば,相手も「なるほど」と思ってくれる考えに到達できる可能性があります.その時には同意が生まれるかもしれない.

自分の世界から出ないと,決して自分にはない考えを理解することはできません.

私は前に,選択的夫婦別姓について書きました.いろんな場所で,この件は議論しているのですが,別姓絶対反対の人は,決して夫婦別姓のことを理解しようとしてくれない気がします.私は別に同姓が嫌いなわけではなく(否定しているのではなく),時代背景と社会構造を考えるに,選択的夫婦別姓のほうが,はるかに理にかなっていると思うので,支持しているだけです.しかし,別姓反対の人は,とにかくそんなものはありえない,と全否定を続けるだけです.なぜにそこまで自分の世界から出ようとしないのか,不思議でなりません.同意はなくとも,なぜ理解してみようと思わないのか.まあ,ジェンダー問題がらみの場合は,このようなケースが顕著ですね.

現在の日本は,共通の価値観の上に成り立っていた過去の村社会ではありません.そういう側面もまだ残っているとは感じますが,一方,はるかにいろんな思想や価値観に溢れているとも感じます.このまま自分の世界に安住するようなスタンスで生き続ければ,親しい隣人の考えも何一つ理解できずただの表面的付き合いになり,孤独に苛まれ,どんどんと不幸になっていくような気がしてなりません.というか,もう,そうなりつつあると感じます.一刻もはやく,他者を否定するのではなく,理解するスキルを身につけなくてはいけないと思います.

関連記事:選択的夫婦別姓
      :議論にならないのはなぜ?

 

スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 社会
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
<<空の表情 | top | 定山渓天狗岳>>


comment

はじめまして、遠いアメリカの地からちょくちょくブログを拝見させていただいています。今回のポストを読みつつ、これは日本だけでなくアメリカでも同じ事なのでは・・・と考えております。

現在アメリカでは大統領選の話題で溢れかえっており、正直なところ少しうんざり気味です。えりざべすさんがおっしゃる”自分の世界から抜け出そうとしない”考え方の人達が大変に多く、こっちのニュースは共和党派、あっちのニュースは民主党派からの意見を述べ続けて、国中がすっぱり二分されてしまっているように感じます。

そこでの議論はいつも、「私は共和党支持者だから、なにがなんでも共和党の候補者の主張が正しく、民主党のやり方ではアメリカがだめになる。」(これは民主党支持者も同じようなものです)

そこで候補者が意見を変えると、さっきまで主張していた態度をすっかり変えて、また同調する。正直言って、まるでスポーツ観戦をしている観客が「私はこのチームのファンだから、何が何でもこっちのチームを応援する」といっているようにしか聞こえません。

そこには、客観的に状況を観察し、そして相手の意見を聞き、さらに必要であれば議論をすることによって自己の意思判断をする・・・という常識がすっぽり抜けてしまっているという状況があります。

自分の意思を通す事だけに集中してしまうと、結局その言い分だけを通すために相手の意見を否定してしまい、いつまで経っても自分の世界から抜け出せないのでしょう。そのような人達は、変化し続けている世の中から置いていかれてしまっていることさえ気づかない人間になってしまいますよね。

えりざべすさんの投稿内容、アメリカ人に読んでもらいたいと思いました。
  1. 2008/09/19(Fri) 05:47:18 |
  2. URL |
  3. Emi #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは、徒然に、

>日本人は自分の考えを構築してしまうと,そこから外に出ない人が多いなぁ,と思います.

日本は自由主義の国だから、自由というのは個性に価値が有るという事だと思う。
だから自分の考えに固執する事は仕方ない事かもしれない。

因みに私はコーヒーは甘党、何故って?。私が甘ちゃんだからだよ。ヘ(_ヘ)☆\(ーー;バギ
そんな私も迷う時が有る。夏の暑い時は冷たいコーヒーが良いし、冬の寒い時には暖かい
コーヒーがいいや。で中間の春秋は、迷っちゃうんだよな。
そんな時、迷った時は暖かいコーヒーにしよっと決めている。
でないと優柔不断の私は停滞してしまうから、
冷たいコーヒーより暖かいコーヒーの方がお腹に優しいだろうから。(正露丸くれ~)

>国会中継や,メディアの政治討論.まずもって,口を開いている人間がしゃべっている内容の
要旨は,「自己主張している」か「他人の意見を否定している」かのどちらかです.

そりゃー国会審議は討論であり闘論だから、協議じゃないもの。そう思ってる人が当選するのだから。
選挙は戦争だと思ってる人が多いからさ。マスコミも勝敗を煽るでしょう。
闘いは引いた方が負けだから、引けない人ばかりだから。
仕方ないさ。争う政治家より競う政治家を国民が選ばない限り、野次と怒号の国会審議は続く。
  1. 2008/09/19(Fri) 21:14:09 |
  2. URL |
  3. はむれっと #fpu/AaYg
  4. [ 編集 ]

Emiさま.はじめまして.
コメントどうもありがとうございます♪

アメリカからの情報,非常に考えさせられました.Emiさんのコメントを読んでいて,ブッシュ再選の2004年,日本のテレビに映されるアメリカ国民の様子(特に農村部)を思い出しました.演説の後の盛り上がりようとか.あと,イラク戦争突入時のたくさんの星条旗を見ていても,少し不安を感じたものです.

自分の考えを持つと同時に異なる考えをちゃんと理解しようとする姿勢は,人間同士の健全なコミュニケーションのためにはとても大切だという気がします.はじめから答えがあるのではなく,考えた末の答えであるべきですよね.統一化された思考のもとの集団というのは,異なる考えの理解ができない人たちが集まるとちょっと不安で,アメリカにもそういう部分が意外にあるのかも,と私も感じます.お知り合いのアメリカ人の方にこの記事を読んでいただける機会がありましたら,とても嬉しく思います.



はむれっとさま

私は,暑い日にホットコーヒーを躊躇せず注文して,すぐに後悔するタイプですね.笑 あと,さっきもコーヒー飲んだのに,また飲んでしまうとか.

ところで,選挙.そう,選挙はまあ闘いですね.勝敗もあるし,勝たなければ国会議員になれないのですから.でも,選挙演説の時のほうが,他者を否定する話しって聞かない気がします.選挙中は議論の場はあまりないし,やっぱりこの国において演説中の「失言」はリスキーなのでしょう.しかし当選して国会に乗り込むと,自分の主張と異なる政策案の否定合戦をやっていること,ある気がします.本当に大切なことは,検討されるべき政策や法律をすべて客観的に理解し,その上でこの国がより豊かになる可能性のある道をみんなで模索することだと思うのですが.それが決定的に欠如しているから,一部の人が苦しむことになる法案なんかが可決されてしまうのだろうと私は思います.これは理想論や奇麗事のように感じる方もあいるかもしれませんが,私は本当にそれが必要だと思っています.
  1. 2008/09/20(Sat) 11:42:09 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

理解するスキルを身につける

~他者を否定するのではなく,理解するスキルを身につけ~
ここが一番の焦点かなと思います。えりざべすさんはいつも視点が明快でポジティブでいいなと思っています。

対話が理解を生み、社会がなめらかに回り出すこと、これは
地域社会の理想のスタイルでもあると思っています。
そういう地域社会は、質の良い教育や人間関係、そして新しい働き方が生まれると期待しています。雇う雇われるという関係とは違った、もっと自由になった形。

しかし、人は、安全が保証されかつメリットがなければ動かないでしょう。まずは、相互理解のスキルを身につけることがいかに利益を生みなおかつ実行可能なのだと言うことを証明してみることが、実現への一歩になるのかな、と感じております。
「理解するスキルを身につけるために」 私たちはまちかどサンルームのラボでまず知り合うことからその会話分析をツールに、はじめてみようと思っています。よい結果が出たときはご報告しますね。指針となるヒントをいつもいただいています、ありがとうございます(^^)
  1. 2008/09/21(Sun) 11:45:01 |
  2. URL |
  3. rain #iz.eytdM
  4. [ 編集 ]

rainさん.
コメントどうもです!
まちかどサンルームで何かいい結果がでましたら,是非ともご報告,お待ちしています.

ところで,今回は書かなかったのですが,相手の意見を理解するスキルを見につけるべきだと思いますが,意見を言う側にも実は大きな問題があるだろうと思っています.たぶん,問題の核心はふたつ.ひとつめは,特にまとまった考えがないのに,だらだらしゃべっている.もうひとつは,ちゃんとした考えはあるけど,省略や指示語や擬態音なんかが多すぎて,聞き手は全く意味がとれない状況.もしくはこの両方.私の職場の学生さんも,研究がうまくいかなくて相談を受けるときに,例えば「今の主語はなんなんだい??」などと聞き返してしまいます.いろいろ聞いているうちに,何が言いたいのか徐々に分かってくるんですけどね.まあ,私の推察能力が脆弱なせいもあるのですが.汗 

今回は,聞き手についての話題でしたが,話し手側についても,また改めて書きたいと思っています.
  1. 2008/09/21(Sun) 19:19:45 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

それぞれが異なる意見を持っていてそれがぶつかると感情的になってしまう時があります。

そうなるともうだめですね笑 議論はあまり創造的な行為ではないのかなとも思っています。
  1. 2008/09/24(Wed) 21:44:53 |
  2. URL |
  3. ^麦畑^ #AvCyrrmY
  4. [ 編集 ]

麦畑さま.

コメントありがとうございます.

麦畑さまのお話,すごくよく分かります.大きな問題ですね.感情をコントロールするのって難しいと感じます.

議論というのは,本来,感情的になる必要の無い概念です.しかし問題は,日本では異なる意見を持ち寄ると,その「意見そのもの」と「意見を発している人」との区別がなくなっている点です.ただ反対意見を言っているだけなのに,その人の人格を否定しているような空気が生まれてしまう場合がある.というか,実際そういう意味合いがあるのかもしれません.だから否定されたほうは穏やかじゃなく,まあ真意とは違うけど適当に同意するか,感情が表面に出てきてさらに強引に反論しまい,泥沼化するか.これはもう,些細なことを含めれば日常茶飯事だと感じます.

議論というと固い言葉だし,そんなに日常的にやることじゃないですが,なんでもない対話というのも,そういう側面を持っていて,議論はその延長線上にあると感じます.例えば,母親が「ちゃんと勉強しなさい.」と言って,子供が「うるさいなぁ.」と言ったり,「分かったよ.」と言って実際は全くやらなかったりする,そういうことも,この問題と関係していると思っています.

対話する(=自分の世界を出て,他者を理解しようとする)ことの技術がもっと日本人には必要だと感じて,この記事は書きました.私は議論自体は創造的な行為だと思っているのですが,そもそも日本では「本当の議論」に出くわすことがない,というのが私の感覚です.この類の問題については,別の角度からも探っていこうと思っています.
  1. 2008/09/25(Thu) 00:46:57 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erisabeth.blog123.fc2.com/tb.php/154-ffa4423f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。