日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
"Abstract"導入 :: 2008/11/21(Fri)

私は,このブログで日々考えたことを,客観的に理解できる文章(賛成,反対という意見とは別に,とりあえず何を書いているのかは理解できる文章,という意味で...)にまとめるよう努力していますが,それでもまだまだ満足のいくものではないです.

問題は文章が長くなってしまうこと.長くなると要点がぼやけるし,分かり易く例を挙げているつもりが回りくどくなり,後で読み返して,だめだこりゃ,と思うことが多いです.

ということで,欠点を補うためにも,Abstract(要旨)を導入してみようと思いつきました.今後,各エントリーの文章の最初に,短くAbstractの項目を太字で入れます.ここに書くことが,自分の言いたかった最も核心的部分だと思っていただければ幸いです.時間がないときは,このAbstractを読めば,だいたい何が書いてあるのか分かるようにもなります.

****

ところできっかけですが...

科学論文の構成は概ね,

Abstratct
Introduction
Methods
Results
Discussion
References

の項目から成ります.

Abstractは,その論文が報告する発見の核心が記述されており,ここを読むだけで,その論文がどのようなことに対し,どのようなアプローチで,どのような発見があったかを,正確に把握することができます.Abstractは,Web上で無料で閲覧できるのが基本だし,ここだけ読む場合も多いので,よって研究者はabstractの記述には細心の注意を払います.Introductionには,その研究のこれまでの概要・背景などについて,それを専門としない人にもなるべく分かるように記述します.Methodsは,どのような方法によってその研究を行ったかを,resultsには得られた結果に関する詳細事項を記述し,discussionには結果から導き出される解釈や推論などを記述します.そして最後のreferencesには,この研究を進めるにあたって参考にした過去の学術論文の引用リストを示します.これによって,研究の客観的正当性および信頼性を最大限に読者の研究者に提示することが可能となります.昔は,なんでこのような項目に分ける決まりがあるのか,と疑問に思ったこともありますが,今ではとても納得しています.

ということで,ブログにもこれを参考に,肝心要のabstractを導入してみようと思いました.どのような雰囲気になるか分かりません.とりあえず次のエントリーからAbstractを書いてみます.軽い内容ほど,真面目に要約しているabstractはけっこう笑えるかもしれません.そういう楽しみもあるかも...

 
スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 反省会
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<スピリチュアルと疑似科学 | top | 死への恐れ,憧れ(4)>>


comment

こんばんは。

ということは、あることに対しての、
生い立ちから、成長記録をして、
その報告をした段階での、考え、
も踏まえた、ある意味での小説?
みたいなものでしょうか、、、。

そして Abstract は、あらすじのような
ものですね!

映画や小説にも、始まりが、話のオチ、
から始まっていたり、
回想シーンがあったり、、、。

と、勝手に私の都合の良いように
解釈しています(むちゃくちゃ??)、、、。
  1. 2008/11/24(Mon) 22:09:16 |
  2. URL |
  3. kaoru #7Cg6ddf2
  4. [ 編集 ]

kaoruさん.

いや,むちゃくちゃということは全くないです.自分の文章が小説のように例えられるようなスタイルだということなんでしょうね.笑

まあ小説なら,Abstractなどという束縛めいたものは必要ないし,むしろ表現者と受け取り手には大きな自由があってしかるべきだと感じますが,私はこのブログでは,書きたいこと,感じたことを「正確に」伝えたい,だけど書き方がスマートじゃないので,Abstractのような要約を付け加えれば,読む人も分かり易くなり,変な誤解も招かなくていいかな,と思った次第でした.汗 これ,意味を持つかどうかまだ未知数ですが,まあ,マイナスの面はないかなと今のところ思っています.
  1. 2008/11/24(Mon) 23:17:17 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erisabeth.blog123.fc2.com/tb.php/179-b57b7143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。