日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
強制参加と自由参加 :: 2009/09/15(Tue)

一般的な組織でのイベントで「強制参加」は本当はおかしい.しかし「自由参加」にすると誰も参加しなくなる.馬鹿馬鹿しい悪循環に関する考察.

欧州の研究機関・大学などでは,たいてい年に一回ほど,遠方のリゾート地などにおもむき,そこで互いの成果を発表しあうセミナーがあります.リゾート地だったりするのは,さすがヨーロッパです...いくつかのラボが所属するユニット単位,もしくは学科のような単位で行われることもありますし,もっと小さい場合は研究室(ラボ)旅行のようなものです.普段とは違う空気を吸いながら,互いの研究成果を話し合い,解決すべき問題を議論しあい,普段話すことのない人と交流し,新しい研究の芽を育む...まあそれだけでなく,何よりリゾート地でリフレッシュ!も大切です.ワインやビールでランチタイムからわいわい,みなさん強いですから...いつも同じ空間だと閉塞感がありますもの,こういうイベントは意味があるんだろうと感じます.

一方日本の組織において行われる,こういう多くの人が集うイベント.なんとなくぎくしゃくしていて,しかも参加する意義を感じないものが多いでしょう.こういうセミナーを兼ねた旅行もあったりしますが,微妙です...

まず発端は,「全員参加してください」と言われるところから始まります.自由参加ではないんですね.次に「自家用車や二輪での参加は禁止.必ず全員集合してから貸切バスで目的地に向かいます.」などとなります.だから,目的地方面に住んでいるのに,わざわざ職場まで1時間かけて出てきて,そこからバスに乗って行く,というようなことを強制させられたりします.これは組織が大きいほどそうだったりします.事故が起きたら厄介だからこうなるのです,たぶん...そして,参加はしたけど,時間の無駄だった,得るものは何も無かった,ということで終了するわけです.

私が知っている欧州研究機関のセミナーなどは,もちろん自由参加.行かない人は行かない.そして貸切バスもあるけど,自宅から直接マイカーも二輪もOK.そしておそらく参加者全員が「意味のないイベントだった」などと感じたりはしません.感じるわけがないでしょう.だって有意義なのですから.

本末転倒もいいところです.

主催者側の立場にたてば,強制参加にしたい気持ちは分かります.自由参加にすると,大部分の人が参加しないかもしれない,と予測しているわけですね.私の知人から聞いた大学時代の話.この手のセミナーが企画されたらしいのですが,自由参加という形にしたら,ほとんど誰も参加しないということが前日に判明...笑 前日になって主催者は慌てて,行ける人はお願いですから参加してください,と懇願のメールが流れたらしいです.こういう事態を避けるためには,はじめから「これは公式イベントということで全員参加でお願いします.」などと言ってしまったほうがいいのでしょう.しかし,本当にそれで意義あるイベントになるかって,なりません.だって,主催者はたいてい,誰もが参加してみたいと思えるような魅力的なイベントにしようなどと,まったく考えていないからです.そこにきて参加者側は,「ま,とりあえず行っとくか,行きゃいいんでしょ.」みたいな気持ちなわけですから.意義のある集いになるはずもありません...それでも主催者側は,決まったことを遂行し,無事に終えなければ,務めは果たしたことになりませんから必死です.

参加者側の気持ちも分かります.参加して意義がある,楽しめる,ためになる,,,なら当然誰だって参加したいと思うのですが.そうではない,のは参加する前から分かっているのです.毎年恒例でやっているだけで,中身なんてないでしょ?という感じです.ところが...私は,本当に意味がないから参加しないの?と問いたい.実は面倒くさいからとか,家でインターネットしてるほうがいいから行きたくない,とか,そういう身勝手な理由で参加しないのではないだろうか,と...そして実は意味がないものにしているのはあなたたちじゃないの?という気もするのです.普段あまり接さない人との交流が目的だと言うのなら,仲のいい人間でずっと集まっていたって何の意味もない.積極的にいろんな人と話して,交流しようとしなければ確かに何の意味もなく終わるでしょう.

とにかく馬鹿馬鹿しい.ちぐはぐ.

主催する人は,もっとアイデアを出すべき.それをするのが「主催者」の役目.組織の場合は,自分がしたいイベントを企画するのじゃ駄目.多くの人が楽しめたり,惹きつけるためのアイデアが必要.

しかし主催者の努力じゃなんともならないケースも多い.参加者は「参加者」という自覚があまりになさすぎる.参加者はイベントの趣旨をちゃんと理解し,それが実りあるものになるよう,積極的に行動すべき.そうでなくては決して成功しない.

こんなの馬鹿馬鹿しいほど当たり前のこと.だと思うのですが...この国では当たり前ではないのです.こういうことが実践できて初めて,自由参加という形態でもイベントは成功するでしょう.そういう流れが生まれれば,みんなハッピーなんですけど,,,現状みんなアンハッピーです.

ブログランキング・にほんブログ村へ  

スポンサーサイト

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

  1. 社会
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<鳩山政権発足 | top | 空気に同化する>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erisabeth.blog123.fc2.com/tb.php/280-8d84c25d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。