日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
前原さんは独裁者? :: 2009/09/29(Tue)

まあ確かにやや独裁的かもしれません.しれませんが,...


群馬県の大沢正明知事は、28日の定例県議会一般質問の答弁で、八ッ場(やんば)ダム(同県長野原町)の建設中止を表明した前原国土交通相について、「独裁者と言うしかない」と糾弾した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090928-00000690-yom-pol
http://www.asahi.com/national/update/0928/TKY200909280368.html

県議会では八ッ場ダムに関する質問が相次ぎ、大沢知事は「地元の意見を一言も聞かず、生活再建の代替案もなく、ただ中止と言う。住民生活を小石のごとくけ飛ばすことはあってはならない」などと国交相批判を展開した。同日の県議会には、自民党県議らがダム建設中止撤回と建設推進を求める意見書案を提出した。

****

独裁は,物事を効率よく迅速に進める際には威力を発揮します.今回は,マニフェストに示した公約を迅速に進めようという政府の方針があまりに力強いため,前原国土交通相のことが独裁者に見えてしまったのでしょうか.

最近,八ッ場の問題をめぐって地元の強い反発が報じられています.連休中に前原さんが地元におもむき,ダム事業中止に関する説明会を開くと言うと,地元住民代表者は「中止を白紙撤回しなければ出席しない」として会をボイコットしました.そして,地元の町村会決議において建設継続を求める決議案を全会一致で可決し,「建設中止は住民の総意を覆し,地元の心情を踏みにじるもの.再度住民を不安の境地に立たすことは断じて容認できない.」としています.そして,今回の独裁者呼ばわりです.

一方,政府側の対応は静かです.地元住民が全く聞き入れないということで,とりあえずダム中止手続きは保留になり,一方でダム中止の際の住民の財政支援を通した救済を可能とする新しい法律を成立させる方向で動いています.やはり今までの政治のスピードから考えれば迅速です.

今回,与党はダム中止の政策に関して自信を持っているのだろうと私は感じます.民主党は散々「無駄をなくし,お金の流れを変え,そのお金を全ての国民が等しく享受できる福祉などの領域に投じる」といい続けてきました.ダム事業見直しももちろんその中に入っていました.だから国民も「ダム中止なんて話は聞いてないよ」という人はあまりいないんじゃないでしょうか...ですので,政治家がびびってない,堂々としていると感じるんです.こういう日本人の政治家の姿,私は生まれて初めて見ますよ...まあ,今回の政権からは前原さんに限らずそれを強く感じます.

この問題,地元代表者は席に着くべきでした.そうでないと駄々をこねている子供と同じように見えてしまいます.席について,かつ大臣に白紙撤回を検討せざるをえないほどの,説得力のある論理構築で迫るべきでした.もし説明会において相互理解に達しなければ,「まだ私たちは理解できない,また話し合いたいから来てくれ」と大臣に言っても良かったんじゃないだろうか.今回の政権にはそういうタイプの言葉が通じるんではないだろうかと,と私は思います.だって,「全ての国民の生命を大事にする」と言っているのですから...

余談ですが...知事さんたちのダム推進の意見は分かったのですが,本当の地元の方々はどのような意見を持たれているのでしょうか...それが全く見えてきません.あれだけ過去にダム中止を訴えて敗れた住民の方々は,今,再び水底に村が沈まないかもしれないことに対して,どういう感想を持たれているのでしょうか...ダムとは関係ない場所で暮らす私には,本当の住民の意思というか,意見が今ひとつはっきり見えてきません.その辺の事情に関してもニュースでは扱ってもらいたいものです.


ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト

テーマ:政治 - ジャンル:ニュース

  1. ニュース
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
<<いくらの醤油漬け | top | 夫婦別姓導入へ…政府、来年にも民法改正案>>


comment

あれは不自然だと思います

 前原大臣に話し合いをしないと言った連中は、何かの利権を持っているのではないでしょうかね。

 顔つきがふてぶてしすぎます。

 住民の本当の意見を封殺しているかもしれません。
  1. 2009/09/29(Tue) 21:50:39 |
  2. URL |
  3. 緑の保守派の尊野ジョーイ #r8.gCnUU
  4. [ 編集 ]

Re: あれは不自然だと思います

緑の保守派の尊野ジョーイさま.

お久しぶりです!コメントありがとうございます.

「地元が強い反発」という報道のみ繰り返されていますが,「地位的に地元の代表に当たる人」が反発しているだけですよね.それに,ひとりが事業中止に反対と表明したら,近隣の知事たちが自分も自分もと反対表明するあたり,何らかのビジョンを持って反対という結論に達しているのではない,ということを逆に露呈しているように感じます...まさにご指摘どおりで,何かの利権に関わっているかもしれないわけで...どうもすっきりしません.ずっと地元で暮らして,この問題に翻弄され続けた人々に,ありのままの意見や感想をきいてみたいものです.説明会もそういう場にすべきだったかもしれません...まあ,収拾がつかなくなるから難しいのでしょうけど.


  1. 2009/09/29(Tue) 23:26:27 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

唯一の期待

えりざべすさん、はじめまして

私に作文のセンスがなく粗末な文章ですが、この件で感じたことを記してみました。

マニフェストの公約にあるダム建設中止を前提とし、住民に対する説明会を行う。
独裁的と言うには行き過ぎですが、かなり強引なやり方ですね。
話し合いでなく説明会では、話が一方通行になってしまいます。
世間からは民主主義的ではなく、共産主義的なやり方と見られるでしょう。
このような選択肢が与えられない方法では、住民に不安を煽るだけで、政府を信頼することはできないでしょう。
会をボイコットするのも周辺からは、理解されるのも納得できます。
今回、利権者はマスメディアをうまく利用しましたね。
その都度状況によって修正することが良策に思いますが、公約実施が優先事項のように思えてなりません。(他の政策も焦ってるように見える)
そうすると日本国民のことを一番に考えているとは思えなくなってしまいます。
ちなみに(日本の)マスメディアは、いろんな方面から物事を発信しない傾向にあるので、情報をそれのみに頼ってしまうと真実を見失ってしまいます。今回、期待しているニュースは得られないと思います。

ただ唯一の期待は、今まで隠されてきた無駄(利権)が1つでも多く世に知らしめる事でしょうか?

>「全ての国民の生命を大事にする」と言っているのですから...
国民=日本国民であることを強く願います。
  1. 2009/09/30(Wed) 18:45:14 |
  2. URL |
  3. 中立一市民 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 唯一の期待

中立一市民さま

はじめまして,コメントありがとうございます.ちょっと時間がとれず,返信が遅くなってしまい申し訳ありません.コメントを受けて,私の考えを少し書きたいと思います.

今回の件に関し人々が共産主義的と感じるのかどうか分かりませんが,私はそのようには思いません.民主党はダム事業の大幅見直しに関してはずいぶん前から訴えていましたし,その根拠とともに公にされていました.選挙における公約の中にもそれは明示され,そして最終的に選挙の結果与党となったわけです.国の政策として実際に実行できる立場を得たのですから,それを遂行しようとするのは当然というか,遂行する責務が生まれます.すべて民主政治の理として当然の流れです.

ですから,今回の件に関して民主主義じゃないような不自然さを感じる人がいるなら,それは錯覚だと思います.錯覚を引き起こす理由はいくつかあります.まず,政策実行がこれまでの日本の政治のスピードに比べてはるかに迅速であるという点でしょうか...次に,今回の数々の政策が多くの混沌とした意見の調整の結果生まれた産物ではなく,未来の社会像を意識し,かつ論理性を纏った欧州型の政策だからというのもあるでしょう.ビジョンを持つことと,論理的なものの考え方に対しては,日本人はまだ未熟だと常々私は感じます.また,ダム推進をしっかりと擁護するはずの保守勢力が壊滅的な状態になってしまったという状況も,推進派の人の立場から見て中央だけで勝手に物事が進んでいるように錯覚するのに一役かっているのでしょう.しかしこれは自民党の自己責任...と私は思いますが...

少数意見を尊重しないのは民主主義的ではないという意見もあると思います.それは全くそのとおりです.全会一致を探求する努力こそ民主主義ですから...今回地元の方々と説明会において言葉を交わす機会を設けたのはそういう努力だと思います.言葉を交わせなかった前原氏は,法的手続きは進めないと言っていますし,知事さんたちの「何の救済措置の具体案もないまま中止だというのはとんでもない」という言葉を受けても,早急に救済法の整備を進めようとしています.推進派の意見は決して「無視」されてはいないと私は思います.

なぜ白紙撤回しないのかという不満もあるのでしょうけど,しかし,上に書いたような責務も政府は負っているのですから,やはりダム中止を無条件で一度白紙撤回する立場に政府はありません.民主主義的にこの件をひっくり返すとするなら,推進派こそがその役割を果たさなければなりません.つまり,この意見交換会などで推進の知識の専門であるべき推進派こそが,説得力のあるかつ民主党が想定していないデータやビジョンを提示し,白紙撤回,もしくはこのダムに関しては推進したほうがいいかも,と思わせるほどの議論をしなくてはいけなかった.そう思います.

最後の,

> 国民=日本国民であることを強く願います。

の部分ですが,どのようなニュアンスか私は完全に解釈できないですが,まあ,日本政府はもはや日本国民のためだけにある時代ではないと思うので,私の希望としては日本国民に限定するような度量の狭い政府であってほしくないと思っています.
  1. 2009/10/02(Fri) 00:26:44 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

1.いきなりで申し訳ないですが、日本政府は何よりもまず日本国民のためにあるべきでしょう。
日本以外の国に利する行為は、当然自国の国益が前提の上での話になります。
今の民主党は、それが分かってるのかどうか定かではありませんね。少なくとも単に「度量」だけで済む問題だけではありません。

2.「マニュフェスト」というのはいいのもだとは限りません。なぜならあらゆる政策、外交も内政もすべて一緒くたにされているからです。
その中に例えば国民の8割が反対している案が入っていたとしても、「民意でわが党が選ばれたんだから」というごまかしの言葉で正当化できるからです。
現に子育て手当てを例に取っても、国民の中に反対意見の方が多いというデータが出ております。すべてをマニュフェストどおりに進めることの愚かさはそこにあります。

3.ダムについては、中止の方向でというのはいいです。しかし大臣のやり方が青かったなという印象です。「白紙撤回の可能性はない」と言ってから話し合いしようとしたなんて、ただ感情的になっている住民を逆撫でするだけです。もっと賢いやり方があったはずです。

長々と失礼しました。
  1. 2009/10/02(Fri) 06:20:55 |
  2. URL |
  3. project #pT6py8Ww
  4. [ 編集 ]

補足です

えりざべすさん、お返事ありがとうございます。

スルーしようと思っていましたが勘違いされているようなので少し補足します。

>ダム事業の大幅見直し
ほとんどの国民が大賛成だと思います。
もちろんわたしも大賛成です。
無駄な事業はどんどん暴露しましょう。

>錯覚だと思います.
えりざべすさんのお考えですよね。
でもね、報道見たりした方々は、違うとらえ方をされているようです。
真実でなかったとしても、見せ方によって人はそう感じてしまいます。

わたしが報道を見て感じたのは、彼らが怒ってボイコットしちゃったのは、説明会であって話し合いじゃなかったからなのかな~と思いました。こんな言い方良くないかもしれませんが、嘘でもいいから「ゼロから、お互い腹を割って話しましょう。」くらい言っても良かったんじゃないかな~と。・・あっ!これは個人の主観です。

>国民=日本国民であることを強く願います。
これは、あくまで個人的希望ですので、
すいません度量が狭くて、信頼が成り立たないときは警戒してしまうものでして、

Projectさんの
>日本以外の国に利する行為は、当然自国の国益が前提の上での話になります。
全く同意見です。
日本は国際貢献どんどんしましょう。
  1. 2009/10/02(Fri) 20:08:46 |
  2. URL |
  3. 中立一市民 #-
  4. [ 編集 ]

前原国土交通相を評価します。

 今回は、タイトルや主題こそ大きく違えど、同じ前原さんに関係する記事を、えりざべすさんのほうが二日ほど早くアップされましたね!?(笑)
 コメント書こう・・・と思っているうちに他の方々に先を越されてしまいましたので、先送りせずに今晩は書かせて戴きましょう。

+++++++++   +++   ++  +++

私も今回の前原さんの行動、発言は支持します。

 個別の八ッ場ダムなどを議論する前に、前提として、環境、生態系の事などをしっかり考えたビジョンを持っている事が今までの国土交通大臣とは違うところでしょう。つまり、コンクリートで固めたり、ダム等で川をせき止めない治水・・・と言う事を大前提にしています。
その上で税金の無駄い・・と言う事もしっかり指摘しています。今日の大型治水工事は殆ど利権がらみである事は明らかでしょう。

えりざべすさんのおっしゃる通り

>「地元が強い反発」という報道のみ繰り返されていますが,「地位的に地元の代表に当たる人」が反発しているだけ

でしょう。

>白紙撤回しない

と毅然と言い切った前原さんを評価します。
 意思がないのに戦略として「ゼロから、お互い腹を割って話しましょう。」等と言ってたら、ただの先送りで、後から嘘つき呼ばわりされるくらいで逆に信用を失っていたかも知れません。

 非難すべきはもともと住民の殆どが反対で、作る必要も無かったダムを計画立案した政治家(自民党)と官僚、企業の利権がらみの癒着体質でしょう。
  1. 2009/10/03(Sat) 03:03:12 |
  2. URL |
  3. 雑草Z #SAV8FvZY
  4. [ 編集 ]

みなさま,コメントありがとうございます.

みなさま,たくさんのコメントありがとうございます.

私がこの件で言いたかったのは,やはり前原氏の今回の方針は独裁的に見えるかもしれないけど,民主政治の枠内から全く逸脱してはいません,ということでしょうか.むしろ,白紙に戻さなければ会には参加しないという脅迫的な言葉でもってテーブルにつかなかった住民代表の方々のほうに疑問を感じます.私は,この会がただの「説明会」だったのか「意見交換会」的に行われる予定だったのか,実際のところ現場の人間じゃないので分かりません.しかも実際には行われなかったわけですし...しかし,集まる予定になっていた住民代表の人は,利権に関わるような役職付きの方ばかりだったようで,そういう方たちは住民を盾に推進を声高に叫ぶも,政府が提示している中止の理由や社会のビジョンに全く目を配ることをしてくれないから,政府としてはちゃんと「説明」する必要性を感じたということではないのでしょうか.住民を締め出してお偉方だけに説明なんておかしい,という人もいますが,これはむしろ,この人たちにこそ説明しないといけない,と政府は考えたから,ということもありえます.地元住民の方々のほうがよほど世の中のことを理解されているのではないでしょうか,そう勘ぐってしまいます.まあ,この部分は私の推測です.



projectさま

はじめまして.コメントありがとうございます.

1に関してですが,「日本政府は何よりもまず日本国民のためにあるべき,日本以外の国に利する行為は,当然自国の国益が前提の上での話になる」というのは100%同意です.ただ,民主党はそれが分かっているかどうか分からない,という点は私とは感想が違います.これまでの政府は,日本国民全員の幸福を考えた政策はほとんど成されず,大きなお金は局所的に市場を巡り,一部の人間にだけいい思いをしてもらい,それを市場原理だとすり替えていた,と言っては言いすぎでしょうか?国内でさえこの状態です.いわんや,諸外国との対等な関係や対話や友情など築けていたでしょうか?民主党政権のほうがよほど分かっていると私は思いますが...

2に関してですが,何ごとにもよい面と悪い面があるのは当然で,完全なものなどなかなかないものです.マニフェストのいい面は,美辞麗句的になりがちな政策案に具体性を与え,あらかじめ具体性のある熟成された政策ということになれば政策実行が速いということです.自民党政権時代にはなかった性質を政治に加えるための効果的なやり方ではないかと思います.一方,おっしゃるとおり,少数意見が蔑ろにされてしまう危険性はありますが,そのためにも自民党の復活が待たれるところです.調整とかけひきと妥協を繰り返すばかりでなく,しっかりとした論理で保守を語れる政治家が早く現れてくれることを私も期待しています.

3に関してですが...「白紙撤回はない」という言葉は住民代表の方々の感情を逆撫でしたようですが,本当の住民の生の声は私には全く分かりませんから,何とも言えません.白紙撤回の可能性はない,と言うことはむしろ誠実だと思いますよ.青い,というよりむしろ多面的に物事を知った確信に満ちた言葉に私には思えます.テーブルにつかずに駄々をこねたかのような知事さんたちのほうが子供に見えます.しかしまあ,この件に関しては,それくらい推進派の論が脆弱だということですよ.例えば,高速道無料化はあれだけ公約として民主党は訴えていましたが,撤回する可能性もあると私は推測しています.なぜなら,無料化反対の論は地面にしっかりと根を張っており,決して脆弱じゃないからです.



中立一市民さま

スルーしていただかなくてよかったです.誤解していたところがあったようで,おかげで気付くことができました.どうも申し訳ありません.ありがとうございます.中立一市民さまの意見,ほとんど同意です.

ただ,一点...ボイコットの件はどうも,ですねぇ...^^; 私は,嘘でもいいから一度白紙に戻して,腹を割って話す機会を作るということまで,政府は世話をしなくてはいけないのか,とかそう思ってしまうんですよね...もちろん,それが角がたたず,日本的和解への道だったといわれれば,ああ,たしかにそうなのかもとも思うのですが...

この件は,このダムが必要かどうかという議論に収まりません.これからの治水事業のあり方,環境問題,お金の流れ,癒着や利権や天下りの問題,すべてが関わったもので,そうとうに広い視野のもとに中止の政策が決められていると思うのです.しかし,地元の関係者はそういうスケールで物事を考えてはいないでしょう.だから政府は「説明」したかったんじゃないだろうか,と.「まずい,まずい,このままじゃ,本当にダム中止になっちゃうよ.こりゃあまずいよ」というふうにしか考えない人には,「なぜ中止にするのか,そこをまずはしっかり理解してから反論してください」と言いたくもなるでしょう...後で雑草Zさまもおっしゃっているように,私もこの件に関しては,政府ははっきりNOと言った,これまでのように濁さずに曇らずに.そこが素晴らしいと感じるのです.まあ,後半の部分はあくまで私の推測,ですね...笑



雑草Zさま

どうもコメントありがとうございます.
そちらのゼネコンの記事も読ませていただきました.過剰肥満体質というのは,全くそうですね.白紙に戻して欲しいのはこちらのほうだと思いました.笑

今回の民主党政権は,お金の局所的な流れを是正し,癒着を解体し,健全で自立した組織同士が,ちゃんと言葉を交わして世の中を作っていく,そういうビジョンを持って政策を行ってくれていると,まあ少なくとも現段階では感じています.しかし,癒着の上でしか何も行動をとれない,そういう体質は多くの日本人に染みついていると感じますし,実際この先どうなるのか,ちょっと懸念もあります.いずれにせよ,しばらくは政治の動きから目が離せません.正直,政治は本当にどうにもならない,と興味を失っていた自分にとっては,今日本で起きていることは一種の奇跡にさえ感じています.いや,本当に...
  1. 2009/10/03(Sat) 21:51:44 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

こんばんは。はじめまして。.

初めまして、と言いましたが、私、前の名を沈丁花、と申します。すっかり無沙汰を重ねてしまいました。

今回、彼岸花、として改めて訪問させていただいて、初めて気がついたことがあります。えりざべすさんは、殿方でいらしたんですね。さっきびっくりしてしまいました。まあ、なんと粗忽な沈丁花だったことでしょう。すっかり女性の方とばかり思って話をさせていただいておりました。
男性女性どちらでいらしても、それによってこちらの態度や話の中身が変わる、というわけでもないのですが、まあ、とにかくちょっと自分の思い込みと不注意を気恥ずかしく。
初めにコメント入れさせていただくようになった頃、えりざべすさんが、なめくじを飼われているのに驚き感動したことを思い出しますが、やはりあれは、「女の方で、なめくじに偏見をもたず、生態観察なさる方などいらっしゃるんだ!」という驚きだったんです。ということはやはり私の内に、ある種の先入観があったということになりますか(笑)。「女性はナメクジは普通嫌いよね」という・・・・。
先入観や固定観念を出来るだけ持たずにいよう、と思って生きてきた割には、もろに、先入観にとらわれていたわけです(笑)。大変失礼をいたしました。

前原大臣と八ッ場ダムに関して。
皆さんの議論、楽しく興味深く読ませていただきました。私自身は、えりざべすさんのお考えに、今、一番近いかなと感じております。
民主党政権が誕生した時、ああ、これでやっと、日本にも政権交代の可能性というものが定着し、政官の癒着や利権体質など、少し風通しがよくなるかな、とは思いましたが、それほどの期待はしていませんでした。なんといっても政権担当の経験のある者はほとんどいず、また自民党や官僚、政界人またマスコミの反発や煽りが相当厳しくなるだろう。恐らくそれに耐えていけまい、と、半ばあきらめに近い気持ちで大勝の大騒ぎも見ておりました。
ところが矢継ぎ早に打たれる対策や、いわゆる政界用語や官僚用語を極力排した語り口、意外に揺るがぬ政権の印象に、ん?これは、日本にも新しい政治の理想の在り方が芽を出しつつあるのかな?と、だんだん期待が膨らんでくるのを感じるようになりました。

勿論政策一つ一つを見れば、危ういものもあり、民意を反映しているだろうか?と思うものもなかにはあります。
しかし、この政権は、柔軟そうだぞ、というのが私の一番の好印象。柔軟、と言っても、コロコロ意見を変える、というのではなく、何がもっともいいのか、を柔軟に選択していく「意思」のある政権、という意味で、私は、この政権に期待してみよう、と強く思うようになりました。
こういうことを私はどれほど長い間待ち望み、これまでの自民党政権と野党の情けなさとによって、裏切られ絶望し続けてきたか…それをあらためて感じずにはいられませんでした。

生まれたばかりの政権。これを私たちは大事に育てて行かねば、と思います。政治を優れたものにするのは政治家ではない。国民自身の目と意思と、理想です。そういった意味で、マスコミ報道には、八ッ場ダムのことに限らず、もっと詳しい情報と客観性を期待したいです。そのマスコミの質を高めるのも低めるのも、私たち自身と、私は常々考えています。
敗れた自民党にも新風が吹くことを期待していましたが、どうでしょうか・・・・。

当方の新ブログ。「どくだみ荘日乗」と申します。http://clusteramaryllis45.blog61.fc2.com/
お気が向かれましたら、お訪ねくださいませ。また、リンクをはらせていただきたく、お願い申し上げます。これからもどうぞよろしく。
  1. 2009/10/08(Thu) 01:00:23 |
  2. URL |
  3. 彼岸花さん #bKDOO.Zg
  4. [ 編集 ]

Re: こんばんは。はじめまして。.

彼岸花さま
お越しくださいましてありがとうございます.

まず最初に,謝らなくてはいけません.
性別を訊ねられたら私は男性でございました.私がこのブログを始めたときの考えは,書いている人間が男性か女性かということに拘らずに読んでもらいたい,と思っていました.しかしどうやら,女性と思われている確率が高いようで,誤解が誤解を招き...という具合もあり,間違われた状態と言うのは本意でもないので,「男性」とはっきり付記させていただいた次第です.前に訪問いただいたときには男性とは書いていなかったと思います.勘違いの原因を作ってしまい申し訳ありません...まあ,男性も女性も,あまりなめくじに好意を持つ人はいないとは思いますが...笑

政治に関して私が思うことはいろいろありますが,今回の民主党政権は想像以上に私は期待しています.全くご指摘どおりで,日本に強固に存在するシステムを壊すのは容易ではなく,保守派勢力,官僚,経済界,マスコミ,流れやすい国民,などなど,あれだけの大勝にもかかわらず,いざ政治を推進する立場になると牙をむいて襲いかかりそうで,確かに大変だろうなぁ,と思っていたのです.実際に外野は騒々しいですが,しかし意外にも翻弄されていないようで,その点は頼もしいです.乗せられて反論とかするとシステムに取り込まれてしまうんですよ,ここは日本ですから論理とは別に物事が動きます...一種のこれは呪術なんでしょう..笑

政治は私たち国民を映す鏡だと思っています.なんだかんだ言っても,今回民主党を私たちは選んで,その民主党連立政権がこうやって一歩一歩改革に着手していく.この今の状況は決して悪くはないです.私たちも自分の意見というものを携えて,社会に積極的に関わる,そういう時代が生まれていくことを期待せずにはいられません.

リンクの件,もちろん承諾いたしました.ありがとうございます.時より読みに出かけたいと思います.私のほうもリンクに御ブログを登録させていただきたく思います.こちらこそよろしくお願いいたします.
  1. 2009/10/08(Thu) 23:40:14 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erisabeth.blog123.fc2.com/tb.php/287-08a5dba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。