日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
センスのかけらもない :: 2009/11/10(Tue)

中身がないのに外見を立派に見せようとする住宅に良く出会います.日本人の見栄っ張りな気質が原因でしょうか.マンションのエントランスや個人宅の玄関,外壁なんかはもっと実用的で質素であってもいい.そして浮いたお金は,間取りを考えることと,バスルームや子供部屋を素敵にすることに使いましょう.比較するとそれらがあまりに貧しいと思うからです.

現代の日本の住宅は本当にバランスが悪い.例えば集合住宅なら,集合エントランスが妙に立派じゃないですか.例えば,鏡が多用され,シャンデリアがあり,素敵な間接照明があり,グランドピアノが置いてあったり,至るところ大理石張りだったりで...それですっかり気分が高揚してさぞ豪華な邸宅なのだろうと思って住まいの中に入ると,え!?っと凍ってしまうほど貧しかったりする,のが日本の住まいなのです.

個々の家の中にもそのような要素を垣間見ることができます.やはり玄関が素敵な傾向があります.それからリビングもやはり素敵で,トイレもそれなりにいい雰囲気だったりします.これらの場所に共通するのは,客が来るまたは通過する場所という点です.つまり一種の体裁なのでしょう.一方,そういう場所にお金をかけたせいで虐げられているのがユーティリティ,バスルーム,そして子供部屋などだと僕は思います.客を招かない空間にそれほどお金をかけようとしません.これは,例えばハウスメーカーのモデルハウスにも如実に現れます.広々南向きリビング,素敵なソファーや素敵なカーテン...家にこだわる人なら普通にそう考えるのかもしれませんが,その反面,北向きで寒々しいのが子供部屋なんです.カーテンはホームセンターで買ってきた安いもの.ホームセンターで買ってきた安い勉強机と寝返りをうつとぎしぎしうるさい安いベッド...なんてことは充分にありえるでしょう.

バスルームも酷いものです.高級マンションであっても日本の場合ユニットバスが基本です.ユニットバスは言うなればプラスチックケースです.大量生産される工業製品であり,性能はそれなりに良く,組み付けも楽なのは分かりますが,その代わりに精神的開放感,ゆとり,くつろぎというものを住まいのバスルームから奪ってしまっています.日本人は元来お風呂という場所は好きなんじゃないかと思うのですが,どうしてこうも貧しく落ちぶれてしまったのでしょう.僕は,例えばバスルームはこんなのがいいと思います(http://suiteroom.info/).たくさん施工されれば値段は少しは下がると思うんですが...

住まいの中の見栄や体裁というものは,別に金持ちだけの話ではありません.例えば安い家具を例に見てみるとどうでしょう.表面上見える場所だけはきれいに磨かれ塗装されていますが,一方見えにくい場所は合板の木質がむき出しでささくれが手に刺さったりするんです.つまり引き出しの内側などです.表面上はおしゃれな木目やパステルカラーだったりするのに,観音扉の裏側は色気のない下地の白だったり,洗面化粧台にいたっては側面と前面でまるで違ったりするじゃないですか.これらも一種の体裁なんでしょうけど,なんだか「馬鹿っぽい」という言葉しか浮かびません.だって,ほとんど見えない場所に対して手を抜いているのならまだ分かるのですけど,引き出しや扉の内側なんて開ければ一瞬でばれるわけでしょう.それならはじめから全身ださい白のほうがむしろださくないと思うのですよ.

要するに,センスのかけらも感じないということです.古くからの日本家屋というものはあんなにも美しかったのに,なぜこれほどまでに一般的な現代の日本の住宅はセンスがないのでしょうか.われわれの奥に眠ってしまった美的感性をもういちど呼び起こしたいものです.

ところで余談ですが,このような表面上だけ取り繕った日本の家に海外からの客や友人を私は招きたくはありません.私は日本の家がどんなに狭かろうと,それは全くかまわないのですよ.日本の家の狭さのことをとやかく言う人がいますが,狭さは地価や国民の所得や土地の広さや,いろんな条件が絡まってくるので,それは別に恥ずかしいことじゃなくて仕方の無いこととも言えます.ニューヨークだってパリだって土地がなければ家は狭くなるものです.それに狭さというのは工夫次第である程度快適な空間に変えることができるものです.

ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

  1. 暮らし・住まい
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<Pirelli WINTER ICECONTROLとアルファ147(1) | top | Pirelli WINTER ICECONTROLに交換>>


comment

日本人は見栄っ張り

 武士は食わねど何とやらの精神なんですかね。

 ちなみに、我が家は質素な生活をしていますが、バスルームと客を呼ぶ部屋だけはしっかりとしています(^^

(後の部屋は見せない(笑))
  1. 2009/11/12(Thu) 14:43:24 |
  2. URL |
  3. 緑の保守派の尊野ジョーイ #r8.gCnUU
  4. [ 編集 ]

Re: 日本人は見栄っ張り

緑の保守派の尊野ジョーイ さん,どうもです.

うーむ.僕は本当は逆だと思うんですけどね.武士は食わねど高楊枝の精神というのは,住まいや食べ物や,そういう物質的なものが足りなくて貧しくても,心だけは凛として,守るべきものは守り,動くときは動く.そんな精神の強さ,心の強さが,胸を張り堂々とする武士という品位を生むのだと思います.これが本来の武の精神で,この住まいの話のような体裁を整える文化とは180度真逆だというのが僕の考えです.一般的にはそうは思われていないかもしれませんが...笑 この言葉が揶揄を含んでいるのだとすれば,この言葉が生まれた江戸時代というのは,本来の誇り高き武士道というのはもうすたれていたということでしょう.

「後の部屋」の掃除と片づけ,なんとか頼みますよ!
  1. 2009/11/12(Thu) 15:29:32 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erisabeth.blog123.fc2.com/tb.php/300-07567efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。