日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
余興 :: 2010/06/07(Mon)

「余興」を国語辞典で調べてみる.

改めて考えると,その言葉にどういうニュアンスがあるか,時より分からなくなるものだ.辞典で調べてなるほどそうかと思う.

「宴会などに面白みを添えるために行う演芸,アトラクション」

結婚披露宴に「余興」はつきものだ.「余」に「余る」の意味があるから,なんとなく付加的なもの,場合によっては無くてもいいもの,というマイナスのイメージを感じる人もいるかもしれない.というか,確かに,結婚披露パーティの核心が「余興」ではないだろうから,なるほど余興は余分なものには違いない.

しかし,余興は「余分である」ことが大切なのだろうとも思うのだ.単調になったり,もしくは重々しく緊張感に満ちたイベントに変化を与え,人々がリラックスしたり笑顔になるために重要な役割を果たしている,という意味で.

「余分なもの」は時に「欠かせない」ものになる.人生もそうかもしれない.

人生なんてつまんない,と思っている人がいたら,それは人生という幕に余興がないのかもしれない.一見無意味に思えたり,余分と思えることが,実は人生を豊かにしているのだと思う.無駄なことに眉をひそめて,くだらないとしか思えない心では,生きていることに喜びは少ない.

しかしどうだろう.余分なことが嫌いな人っているだろうか? みんな,何かしの余分なことを本当はしたいんじゃないだろうか.でも,それをよくないこと,何かに一途でなくてはいけない,それこそが是だと,自分を律する人はいるように思う.そういう人は肩に力が入って,そうして笑顔が消えていくように思う...

余分なことをして,余分なことを楽しんで,
その場所で生まれる「いいこと」はたくさんあるような気がする.


  どんなに美味しく高価なお酒が有ったって
  今日迄怠惰に過ごして居ちゃ味も判らない
  どんなに要領(カシコ)良く硬貨を動かして居たって
  対話が演技じゃ興味が湧かないってもんよ

  女(オンナ)だって男(オトコ)だって

  実直なほうが美しい
  わかっているくせに
  眉根をひそめる人は
  誰もここには居ない

  徒党を組んで居たり太って居る時は叱って
  こと切れる瞬間(トキ)まで何時も成長をしたいよ

  芯(ハート)だって筋(コトバ)だって

  柔らかい事は難しい
  こたえているくせに
  毎度根を詰める君の
  微笑んだ皺がキレイ
    
      「余興」より
       歌詞:椎名林檎

ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

  1. りんごさんのことば
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<カワトンボの楽園 | top | 名前って何だろう...>>


comment

そうですね、余興はあくまで、余興なのですが、全て合理的に生きても目に見えるものしか見えないと思います。
人生の中で、特に意味のないことをしたり、立ち止まって何でもないものを眺めると、大事なものや幸せな事が見えてきます。

そう感じる私は日々の人生にゆとりを持って考えたり行動したりすることにしています^^
  1. 2010/06/07(Mon) 23:48:42 |
  2. URL |
  3. thekoba #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

thekoba さん,こちらにもどうも,ありがとうございます.

結局これもバランスなんでしょうけど,何事にも生き生きと,そして周囲の人を不安や不快にしない人って,確かに日々に適度な「余興」があるんだろうと思ったりします.そういう人は人間味があって,包容力がある人って感じかなぁ...

一方自分の場合は人生余興だらけで,これは改めないといけません.いやこれは「余興」なんかじゃなくて,「サボり」かな? 笑
  1. 2010/06/08(Tue) 21:33:54 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erisabeth.blog123.fc2.com/tb.php/356-272d56ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。