日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
重力 :: 2011/01/23(Sun)

結局,紆余曲折の末,クラシックギターを手に入れ,引き続きギター没頭中.

基本定番の「禁じられた遊び」を練習しつつ,ほかには好きな曲のコード進行をどこからかゲットしてきては練習するという日々.

ところで,坂本真綾さんのgravity.





強い印象、今も全く色あせないこの曲.かなり前の曲にも関わらず,いまだに僕を別の世界へ連れ出してくれる.アニメ「WOLF'S RAIN」のエンディング曲だが,アニメのストーリーを知っているとさらにやばい.

Em6/GonA/DM7/DmM7/A

の流れ,特にEm6/GonAが美しすぎる.もうまさに心が震えるとはこのことだ.

ギターを弾いて初めてまた気づくことばかりである.

ありがとう,ギー太...じゃなくてギター!


gravityの日本語訳をのせてみる.
おかしい所や,意訳しすぎの場所があるかも.
ご容赦ください.


 道は果てしなく続いているのに
 昨日に別れを告げることもなく
 明日はいつも遠のいていく

 私の中の記憶はそれでも確かだと言えるだろうか?
 それとも涙で色あせてしまったのだろうか?

 きっと明日の今頃雨がすべてを洗い流せば
 霧の中からもうひとつの今日が生まれるんだろう
 誰かがどこかへ私を呼び続けている
 私を帰るべき場所へと導いている
 哀れみの歌が静寂の月へと私を誘う
 重力がゼロの場所
 そこはいったいどんな場所だろう

 私はこの世界でひとりぼっち?
 それとも痛む足を歩ませたその先に
 誰かが私を待っているのだろうか?

 ただ道は進めと私に語りかける
 何かに強く引き寄せられていく

 ああ 私はすべてから今重力を感じている



スポンサーサイト

テーマ:アニソン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 真綾さん
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<死ぬ気で頑張る? | top | 2010年・印象に残ったワインたち>>


comment

ギターがんばってらっしゃいますね!
素晴らしい!

Em6/GonA/DM7/DMm7/A

マイナー6は独特のサウンドで普通のマイナーよりもさらに沈み込んだというか6thの音でマイナー感倍増のコードですね。
GonAはAのベース音を基準に考えると7th、9th、11thのテンションノートが加わった浮遊感の感じられるサウンドで現代的な音作りには欠かせないコーディングですね。
ところでDMm7がよくわからないのですが、
これは何でしょう?
DmM7(ディーマイナーメジャーセブンス)
ならば
Dm/DmM7/Dm7というような進行で使うこともあるんですが。
  1. 2011/01/24(Mon) 12:19:54 |
  2. URL |
  3. tochigi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

tochigiさん,

コメント&解説,ありがとうございます!

ここまで楽しくなるとは想像できていなかったので,正直なところ自分でも驚いております.
本当に音楽って素晴らしいですね.

> Em6/GonA/DM7/DMm7/A
>
> マイナー6は独特のサウンドで普通のマイナーよりもさらに沈み込んだというか6thの音でマイナー感倍増のコードですね。
> GonAはAのベース音を基準に考えると7th、9th、11thのテンションノートが加わった浮遊感の感じられるサウンドで現代的な音作りには欠かせないコーディングですね。

勉強になります.というか,勉強いたします.(笑)

僕は本当に音楽の教養は無く,ただただコード進行のまま,どうやっておさえるのかを調べて,それを実践しているだけの段階が現在でして...

でも,曲全体のイメージとひとつひとつのコードが出す音,そしてそれらのつながりに感動しています.
特にこのgravityという曲,ものすごく暗い作品なんですけど,でもその中に優しさというか満たされた充足感のようなものを感じて,それは詞の中にもあるんですけど,音楽の中にもあるなぁ,と思っていたんです.そしてコードを順に鳴らしていくと,Em6/GonAの流れでびびっときました.それまでの緊張(F#m/C#7)が一気にゆるんで,まさに解説いただいたような,沈み込み(絶望)と浮遊感(充足)が同居するような感じが現れて,この作品が持つ雰囲気そのものだと感じました.メロディだけ追っていたときは感じられていなかったです.

すみません...素人の勝手な感想なんですけど,思わず書いてしまいました.

> ところでDMm7がよくわからないのですが、
> これは何でしょう?

これは完全にタイプミスでした.DmM7です.

http://music.j-total.net/data/011sa/040_sakamoto_maaya/001.html

こちらを参考にして練習しておりました.
  1. 2011/01/25(Tue) 01:13:56 |
  2. URL |
  3. えりざべす #-
  4. [ 編集 ]

>曲全体のイメージとひとつひとつのコードが出す音,そしてそれらのつながりに感動しています.

これは私もよく分かります。
音楽の魅力って色々ありますが、コード進行の魅力ってすごいものがあると思ってます。

なんでもヨーロッパではその昔、マイナーコードの響きのなかには悪魔が住んでいるって言われてたそうで、そのくらい人の情動に影響する力を認めてたんですね。(だからマイナーの曲でも最後のコードはメジャーで終わらせなければいけなかったらしいです)

10ccっていうイギリスの古いバンドの名曲にI'm not in loveっていうのがあるんですが、これのイントロは
A onB / B / A onB / B
の繰り返しで、
単純に言えばベースはずっとBの音で、その上でコードがA/B/A/Bを繰り返してるだけなんですが、これが気持ちいいんですよ!
A onBの浮遊感がBで安定するカンジです。
もう、ずーっとやってたくなるほどです。

またビートルズのThe long & winding road の出だしでヴォーカルのThe long and winding roadのフレーズに続くダッダー、ダッダーというリズムのコードがFm7onB♭という分数コードで、このコードをはじめてコピーできたときの私のヨロコビはもうハンパなくて、ほとんど一日中ニヤニヤしながら弾いてたのをよく覚えてます。(実際には3カポDm7onGで弾いてましたが)

もしこれらの曲をご存知でしたらお試しください。
  1. 2011/01/25(Tue) 09:24:20 |
  2. URL |
  3. tochigi #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

tochigiさん,

ありがとうございます.

ベートーベン交響曲も最終楽章の最後は長調に転じて終わるのが多い,と思っていたんですが,これも悪魔のせいなのでしょうか...ちょっと納得です.

I'm not in loveは,ユーチューブで今聴いてみましたら,どこかで何度も耳にしたことのある曲でした.テレビCMか何かだろうかと思います.

さっそく,AonB/B/AonB/B,やってみまして,とてもすがすがしくて,ちょっと胸が苦しくて,でも心地よい,タイトルと真逆で,このコードの中では「あなたに恋してる!」ってこの曲は言ってますね.(笑)確かにずっと続けていたい感じです.

The long & winding roadの方は知っております.しかし今改めて聴いて,そして私も3カポでトライしました.一音ずつ出すと東洋的な雰囲気を感じたのですけど,ジャンと一発でストロークすると,違った雰囲気になって面白いです.ひとつひとつのコードの上にもこれだけ表情があるのに,それが連携してつながっていくのですから,本当にコード進行って面白いと感じております.
  1. 2011/01/26(Wed) 01:52:12 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erisabeth.blog123.fc2.com/tb.php/415-ba8e6261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。