日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
長州旅路 :: 2011/05/08(Sun)

5月の大型連休は山口で過ごした.感じたことなどを写真と共に記録する.





下関市長府.ここを訪れるのは3度目だが,何度訪れても本当に美しい景観だと感じる.









長府毛利邸.長府毛利家14代当主の毛利元敏公が建てた邸宅.邸宅内には様々な花が生けてあり,また無料のお茶のサービスもある.庭園にはシュレーゲルアオガエルがたくさん住んでいる.





こちらは功山寺の山門.功山寺は,鎌倉時代に建立された曹洞宗寺院.残っているものの中では日本最古の禅寺様式の仏殿を持つ.近代では,幕末の高杉晋作による功山寺挙兵の舞台として有名.

総門,山門ともに周囲の木々との調和がとても美しい.京都や金沢のようなきらびやかさは無いが,かえって創作的な風情よりも自然なたたずまいが強調される.


高杉晋作といえば奇兵隊(長州奇兵隊)を思い出す.奇兵隊とは,武士と庶民の混成軍のことで,特に長州奇兵隊は被差別部落の民も兵に加わっており,長州は幕末から既に身分制度の撤廃を導入しようとした地方でもある.これは晋作が,長く平和だった江戸時代で堕落してしまった士族よりも,真に日本の未来を考え志を持った庶民の方が頼りになると考えていたからだとも言われている.おかげで,維新後の解放令により日本各地で解放令反対一揆が起きたにもかかわらず,長州では全く起きなかったとされる(wikiを参照).

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%87%E5%85%B5%E9%9A%8A

この地方の気質なのか,それとも幕末時代からの影響なのか分からないが,山口地方の人々はプライドが高く,自信を持っている感じを受ける.家や景観や料理やそういうものから僕は山口の力強さ,重心の低い安定感を感じる.自信はこれまでの生活の経験から得られるものだと思うので,基本的に山口は保守傾向の地方だろう.しかし,頑なに守っているのではなく,正しいという自信があるから守っているのだろうと感じる.一方,もし正しいと感じることがこれまでとは違うことであれば,柔軟な対応をとる.外国勢が迫る中での討幕運動のリーダーシップもこうして生まれたのではないだろうか...そして,ちょっと強引だけど,現代には長門湯本温泉にある大谷山荘のような旅館も生まれるのだ.


ということで大谷山荘の紹介.今回の宿泊は二回目だが,和の控えめな美しさと西洋的な豪快さが絶妙にバランスされた,僕の中では特筆すべき宿泊施設だ.ここには音信(おとずれ)と呼ばれる別邸が存在する.

http://otozure.jp/
http://www.otanisanso.co.jp/

別邸にあるSPAを利用した妻の感想によると,そのホスピタリティはあのリッツカールトンとほとんど同じレベルだと感じたそうだ.音信に限らず,本館でのサービスも素晴らしい.いわゆる客につくすタイプのサービスはなく,ここのサービスは西洋のホスピタリティに近い.人によってはドライに感じるかもしれないが,心は細部まで行き届いている.このような宿が,本州の西の端にある辺鄙な温泉地に存在する.山口には他にも宿泊してみたい素敵な宿が実はたくさんある.





本館の部屋.




エレベータホール.

スポンサーサイト

テーマ:高級ホテル - ジャンル:旅行

  1. | trackback:0
  2. | comment:2
<<瓦そば | top | 100万回生きたねこ>>


comment

時々拝見させていただいております。
生まれは山口ではないのですが、山口にもう長いこと住んでいる者です。
この度は「おいでませ、山口へ!」
大谷山荘は私も数回宿泊していますが、とても素晴らしいお宿です。
仕事で疲れた時、夫と泊って、ただただのんびりと寛ぐのに最適な空間です。
私の住む町から、車でほんの1時間ほど。贅沢させていただいています。
観光客ばかりではなく、県内からの利用も多いと聞いています。
県民の財産といっても過言ではないでしょう。
またのお越しをお待ちしております。
  1. 2011/05/09(Mon) 18:42:51 |
  2. URL |
  3. 山口の住民です #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

はじめまして.
山口からのコメントありがとうございます.

今回私が宿泊した際にも,地元ナンバーの車を多く見ました.地元に愛されている御宿なんだと思うと共に,多少高くても,こうしたサービスや空間に価値を見出している方々が多くいることが素晴らしいと感じます.まさに素敵な財産でございますね.それを存続させている県民の心も同じく.

当方,親類が宇部に住んでいることもあり,また私にとってとても素敵な場所がっけこうあったりして,5年に一度くらいは山口を訪問しております.また訪れたいと思います.
  1. 2011/05/10(Tue) 00:34:04 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erisabeth.blog123.fc2.com/tb.php/431-661a2a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。