日本について考えるブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
日本語の変化か、ただの誤用か :: 2011/09/21(Wed)

言葉は時代とともに変化していくものだろう。卑弥呼の時代の日本語と、現代の日本語では相当に違う。人々の価値観や考え方の変化と共に、また他言語からの影響を受けながら、言葉はゆっくりと変化している。


「ら抜き」言葉が、最近また話題になっていた。

****


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110915-00000613-san-soci

(前略)

 言葉の使用を聞く項目では、「食べられない」と正しく使用しているのは全体では60・2%だったが、16~19歳は58・8%が「食べれない」と間違って使用していた。「来られますか」(正)と「来れますか」(誤)についても、50代以上は正しく使えている割合が上回ったが、40代でほぼ同数、30代以下では誤った使用が上回り、16~19歳では73・8%が間違った使用をしていた。

(中略)

 言葉の意味の調査では、「姑息(こそく)」の本来の意味の「一時しのぎ」と答えたのは15・0%にとどまり、7割が間違った意味の「卑怯(ひきょう)な」としていた。「雨模様」の意味でも16~19歳の62・5%、60歳以上の53・3%が「雨が降りそうな様子」と正しく答えたが30~50代の半数以上が本来と違う意味で回答した。

(引用ここまで)

****

「ら抜き言葉」はもうほとんど定着していると感じる。意識していないと、相手がらぬき言葉を使っても、たいして違和感を覚えない。文法なんてものは物理法則のように絶対的なものじゃないので、人が変われば変わってしまうし、例外はいくらでも生まれるものだ。

さてしかし、大問題なのはニュース記事の後者の方だ。らを抜いたとしても、意味が通じればコミュニケーションに問題はない。しかし同じ言葉が逆の意味になったり、まるで意味が変わったりすることが現代ではよくあって、互いに違う意味で捉えていたら健全な会話が成り立たなくなる可能性がある。ニュースに出ていたものも含めて、ざっと書いてみる。。。



・雨模様
雨が降りそうな様、雨が降りそうなきざしを意味する。雨が降っている状態のことではない。しかし、この言葉は厄介だ。漢語で「模様」に「兆し」という意味はないはずで、これは過去の日本人が斬新なニュアンスを加えて加工したせいだろうか。「今日は朝からあいにくの雨模様」などと言われたら、雰囲気としてはもう降っている感じがしてしまうものであるから、非常に難しい。

・姑息
卑怯やずるいという意味は全くない。その場しのぎのニュアンスの言葉だ。「姑息なやつだ」と言ったら、「その場しのぎが上手いやつ」という意味になるだろうか。いやそもそも姑息は人にではなく、行為にかかるべきもので、「姑息な手段」とは言っても「姑息な人」とは言わないのかも。「姑息な人」と言う場合、既に卑怯の意味で使っている気がする。それにしても、まったく卑怯という意味ではない言葉が勝手にそのような意味に転じるというのは本当に悲しい。ずるい人(卑怯だと感じる状況)が多いということじゃないだろうか。それともその場しのぎをする人に卑怯な人が多いのか?「卑怯」というのはけっこう過激な言葉なので、社会は別のマイルドな、でも卑怯と同じ意味合いの言葉を欲しているのか!?

・気が置けない
気遣いする必要のない親しい間柄の意味だが、これを真逆の意味で捉えている人がいる。しかし、直感的にこの言葉は確かにマイナスの雰囲気がする。否定の「ない」が入っているからだ。言語学者に怒られるかもしれないが、成り立ちとしていい言葉じゃないように感じる。それと、やはり「姑息」と同じで、悪い意味に勝手に転じているのが気になる。信用できない人がそんなに多いのか。。。

・いそいそ
これは、心が浮き立ち喜ぶ様、動作がはずむ様子を表す言葉。いそいそと出かける、は嬉しそうに出かけていく様子を言うのだが、これを「忙しそうに」「せわしなく」と誤解している人がいる。「いそ」を「忙しい」とかけたのだろうか。これもネガティブな意味としての誤用だ。そんなに嬉しいことが少ないのか、そしてせわしないことばかりなのか。。。ま、確かに。涙

・さわり
「どんな話なの?さわりを聞かせてよ」などと使うが、これを導入部分とか、ちょっとだけ、軽く、と誤用されている。「歌のさわり」というと、出だしのことだと思われているが、本当は「最も盛り上がる部分」「重要ポイント」のことを指す。だから意味を正しく理解している人が上の質問に答えたら、「要するに犯人はAで、救いようのない悪人だったってことが最後にばれるんだよ」などと、これ以上ないネタばれが起きる可能性がある。(笑)「さわり」が「触る」、つまり「ちょっと触れる」のようなイメージになっているのだろうか。しかし、そんな中途半端なことはやめて、中身の濃い話をしたいものだ。最初だけちょっと聞いても面白くないだろう。歌は出だしもいいけど、やっぱりサビ、でしょう!?

・すべからく
「タバコをすったやつはすべからく退学だ!」と生活指導の体育教師が言ったとして、その意味は「タバコを吸ったやつは全員退学だ」の意味ではない。すべからくは「すべて」の「すべ」とかぶっているので、そのように誤解されるようだ。本当の意味は「当然そうであるべき、必然的にそうなる」という意味。だから「喫煙した者は当然退学処分だぞ」という意味が正しい。前にネットで「政治家はすべからく馬鹿だ」と書いていた人がいた。言いたいことは分かるけどこれは誤用。そもそも、「すべからく」は「べし(べき)」とセットで使うのが本来の用法。なので「政治家はすべからく(当然)馬鹿であるべきだ」というべきで、そうすれば間違いだと気づくことができる。

・しおどき(潮時)
これを引き際の意味として使う人がいる。もうあきらめましょう、という時、「しおどきだな」などと使うのだが、これも間違い。本当の意味は、最適なタイミング、もっともよい時期、という意味が正しい。そういう意味では、いろいろな状況を加味して、今あきらめるのがベストのタイミングなら、「しおどき」を使ってもいいのかもしれないのだけど、なんて冷静な後ろ向きの姿勢。(笑)もしくは、まだやろうと思えばやれるんだけど、まここいらでやめとくのが波風立たなくて無難でいい、という感じで使うこともある気がする。いや、そういう状況をベストのタイミングと皆思っているってことか!?いずれにせよ、これもネガティブな意味への誤用。

・役不足
正しくは、本人の力量に対して、仕事の内容が簡単すぎる、役割が軽すぎる、という意味。しかしこれを、「力不足」と同じ意味で使う人が多いようだ。つまり本当の意味の逆で、「役割に対して力量が足りない」という意味への勘違い。これもやはり、ネガティブな方向への誤用じゃないだろうか。なんで「役」が、自分の力の意味に変化してしまうんだろうか。。。

・情けは人の為ならず
これも誤用の言い回しとして有名だ。「人に親切にするのは、その人の為ではなく、そういう行為が巡り巡って自分に返ってくるから、親切にするのだ」という意味。利他主義というものは社会ではなかなか存在できないのであるから、これはとてもクールで現実主義的なことわざだと言える。しかしながら、これを「人に親切にしても、その人のためにはならないから、親切にすべきでない」というような意味で勘違いされているらしい。これも残念ながらとってもネガティブな意味への誤用だ。理由はともあれ、正しい意味では人に親切にすることを肯定しているのだけど、誤用ではそれを否定し、親切にしないほうがいいと言っている。


このようにまとめてみると、ネガティブな方向への誤用がかなり目立つ。ポジティブな方向への誤用はほとんど見当たらない。現代日本の世相を映しているのかもしれない。だとするととても残念である。
スポンサーサイト

テーマ:慣用句・ことわざ・四字熟語辞典 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 社会
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<山口組組長・一問一答 | top | 素敵な組み合わせ>>


comment

はじめてコメント致しました。いつも「なるほど~」と貴ブログを拝見させて頂いております。

自分の書いた文章を見ていつも恥ずかしくなっておりますが、そんな私でも最近の日本語の使い方については「あれっ?」と思うことが少なくありません。以前「よろしかったでしょうか」とか「最も◎◎の中のひとつです」とか、非常に違和感のある言葉が気になった時期がありました。最近では意味も無くやたらに語尾に「・・・ね」をつける若い方の言葉やアナウンサー達のイントネーションに「あれっ?」と思うことがあったりします。気にしている私側に問題があるのだろうとは思いますが、今回の記事を拝見し、何か日本語の教育や伝承方法、価値観など変わりつつあることをあらためて感じた次第です。
  1. 2011/09/30(Fri) 04:00:49 |
  2. URL |
  3. 昭島の赤 #1n9Tsjm2
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

昭島の赤 さま
はじめまして。コメントありがとうございます。

いつの時代も、いろんな言葉が現れては消えていっているのだと思います。日本に限らず、英語圏でも教科書に載らないような俗語はいくらでもありますし、もし本当にそういう言葉が本質をついているならば、きっと何十年、何百年と残っていく言葉になるのかもしれませんが、たいていはそれほどの力は持っていないですね。

それにしても、仮に若者同士でしか通じない言葉があったとして、互いによく理解しているのなら、それは立派なコミュニケーションツールとしての「言葉」なのだと思うのですが、ここにあげたように意味が脱線していくのはちょっと問題だと感じます。

例にあげていただいた「よろしかったでしょうか」ですけども、この過去形で丁寧を表す言葉は東北北海道ではかなり普遍的のようです。私は生まれが九州ですが、現在札幌在住でして、こちらではじめて知りました。電話で「もしもし、田中です」と応答するところを、「田中でした」と言う人はけっこういます。あいさつも「おばんでした」と言いますし、宅配ピザがインターホン越しに「ピザハットでした」と言います。はじめは可笑しかったのですが、もうすっかり慣れてしまいました。言葉は生きているのだなと思う次第です。(笑)
  1. 2011/09/30(Fri) 21:22:26 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

日本語のゆらぎですか
最近の若いやつわ・・・とは言いたくないですが、例えばお疲れ様でしたが私には理解出来ないですね。
朝一すれ違い様に「お疲れ様でした」と言われたのです、一人じゃありません結構な人数に言われました。私は疲れてないのですが
正直謎です(笑)

理解できなくても言葉は生きてるんですよね。いいも悪いもなく社会を表します。言葉が変化するのはよろしくないと主張する人がいるなら、平安時代~江戸時代~明治時代~ここでも大きな言葉の変革はあったはずですが、どう考えているのでしょうか
  1. 2011/10/07(Fri) 07:34:45 |
  2. URL |
  3. おりぜー #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

おりぜー さま、コメントありがとうございます。

朝一の「おつかれさまです」と、本文で書いたような慣用句の意味の突然変異の共通している部分は、「我流」という点でしょうか。でも、「我流」が社会を反映しているのなら、人とコミュニケーションをとろうとすることに熱心でない時代だということかもしれません。ひとつの言葉に対して対話する者同士共通の意味で使っていなくては無意味なわけで、そこがこれほどおろそかになっているわけですから。。。(涙) 

そういう意味では、若い女性が使う「あげぽよ」とか「やばぽよ」とかの流行語のほうが、使っている人間同士では、その意味もニュアンスもよく分かっていて、誤解なく共通認識が可能なので、「言葉」としてはよほど健全だと思ったりします。(笑)

  1. 2011/10/07(Fri) 21:17:38 |
  2. URL |
  3. えりざべす #m5Dxg7h6
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erisabeth.blog123.fc2.com/tb.php/449-ebc26414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。