FC2ブログ

日本について考えるブログ




コモド国立公園旅行記(5)ーマンタ遭遇&エンジェルアイランドリゾートー :: 2018/09/29(Sat)

リンチャ島には朝5時半ごろに上陸して、8時ごろに島を後にしたので、約2時間半くらいの滞在だった。私たちより先に1組の旅行客がいて、私たちは2番目だった。そのおかげか、トレッキング中も人に会うことはなく、ずっと静かな山歩きとなったのだが、ゲートに戻ってきて見るとたくさんの観光客がいて、朝の雰囲気とはまるで違っていた。行くなら朝早いほうがいいかも。朝一に見たあの巨大なドラゴンを超える個体には結局その後は会えなかった。

リンチャ島を離れ、軽い朝食。次は、マンタが見られるスポットに移動してスノーケリング。3箇所ほど巡って、最後に大きなマンタに会うことができた。最後は潮の流れが早い場所で、ガイドと手を繋ぐことを条件に行った。海の水温が冷たくなったり暖かくなったりと目まぐるしく変わり、心臓に悪い。流れはそこそこあり、海中はちょうどサンゴ礁が終わって急に深くなるような境界の場所で、とにかく海の中は美し過ぎて魚だらけで言葉が出ない。これらが合わさって、なんか怖さというか畏怖の念のようなものが湧いてくる不思議。そして最後に、マンタが現れた。3メートルくらいは会ったのではないだろうか。前ばかり見てたら、いきなり自分たちの真下を後ろから現れたのでびっくりした。しばし見とれているとゆっくりと泳ぎ前方に消えて行った。

よく考えたらライフジャケットがあれば安心なのだろうが、どうもライフジャケットという常識はないみたい。まあ確かにライフジャケットがあると潜水できないですが。。沖縄なんかでは、もっと安全そうな場所でライフジャケット着用マストだったりするのだけども。。

昼をまわり、いよいよ一泊の船旅は終了の時。プラタランの方が手配してくれた無人島のリゾート、エンジェルアイランドリゾートまで送ってくれてそこでお別れとなった。これまでの人生で一番印象深い、感動的な24時間だった。ガイドをはじめ、船の旅をサポートしていただいた皆さんには感謝の念にたえない。最後にチップを渡したいと思ったのだが、人数も多いし、どうしたものかと思っているうちに急かされてボートに乗せられ、エンジェルアイランドビーチに到着、あれよあれよのうちにお別れとなり、全くそういう隙がなかった。微妙にならないように気を使ってくれたのかもしれない。このあたりは参加するツアーによっても変わって来るのかもしれないが、とにかく国立公園のレンジャーは明らかにチップで生活している感じなので、そちらはあげたほうがいいです。(というか、そういう空気になります。汗)



いよいよエンジェルアイランドリゾートに上陸。ここまでボートで送ってくれました。




リゾートは多分無人島で、美しい風景以外に何もない。ビーチは白砂。ちょっと浅瀬を進むといきなりサンゴ礁。スノーケルセットは無料で貸しているので、それをゲットしてひたすら泳いでも全く飽きない。



砂浜にヤドカリが集合。集めたのではなく勝手に集まっている。ヤドカリは会を交換するため集まる習性があるので、それなんだと思うのだが、実際に集まっているところは初めて見た。

島のリゾートなので、食事はプラタランには少し劣るように感じた。なんか、すでに少し調理済みのものを持ち込んだりしているのかも、という感じも受けた。あと、ここは基本的にオールインクルーシブのようだが、私たちは急遽プラタランによって手配されたのでどうだろうかと思っていたのだが、アルコール以外はバッチリオールインクルーシブだった。

翌日、リゾートの船でラブアンバジョ港へ移動。30分くらいで到着し、ここからマイクロバスで空港まで送迎してもらった。これもインクルーシブのようだ。自然の真っ只中からいきなり人がたくさんいる場所に放り出された感じでちょっとクラクラ。。いやいやこの数時間後はジャカルタなんですけど。。

しかしこの日ジャカルタ行きのガルーダ機は約3時間遅れ。コモドツアーはジャカルタ経由よやはりデンパサール経由が基本のように感じた。便数も多く、この日もほぼ時間通りに運行されているようだった。ジャカルタでは乗り継ぎのためダッシュでターミナル2へ!このせいであまり余韻に浸れなかったのだが、無事に乗り継ぐことはでき、帰国の途についた。

夜便だったのだが、目を閉じると勝手に海の中のサンゴ礁と魚たちの映像がまぶたの内側で再生された。

スポンサーサイト



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. | trackback:0
  2. | comment:0
| top | コモド国立公園旅行記(4)ーコモドドラゴンー>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://erisabeth.blog123.fc2.com/tb.php/512-5b468434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)